メイン画像

明日12日(日)~13日(月)にかけて、西日本~北日本の広い範囲で雨や風が強まり、警報級の大雨の恐れ。平年の5月ひと月分の雨量が、たった一日でザッと降り記録的な大雨になる所も。風も強く交通機関に影響する可能性大。各地の警戒期間と注意点をまとめました。

12日(日:母の日)~13日(月) 南北に立った前線が列島を通過

画像A

明日12日(日)~13日(月)にかけては、南北に延びる寒冷前線が日本列島を通過する見込みです。寒冷前線が南北に立っている時は、非常に危険です。寒冷前線の南側からは非常に暖かく湿った空気が一気に流れ込み、北側からは乾いた空気が一気に南下するため、大気の状態が非常に不安定となり、雨雲が発達しやすくなるからです。

12日(日)は西日本を中心に、13日(月)は東日本や北日本を中心に南北に立ったライン状の雨雲が通過する見込みです。気象庁は警報級の大雨の恐れがあるとして、大雨に関する早期注意情報を発表し警戒を呼び掛けています。

12日(日) 西日本で滝のような雨に警戒

画像B

九州では明日12日(日)日付がかわる頃から広く雨、中国・四国も昼前から広く雨が降り出し、午後は雷を伴い、非常に激しい雨の降る所があるでしょう。風も強まり、荒れた天気となりそうです。近畿や東海は夕方から雨、関東や北陸、東北、北海道も夜は所々で雨が降り出すでしょう。

【大雨のピーク】
九州   12日(日)昼前~夕方
中国地方 12日(日)夕方~13日(月)未明
四国地方 12日(日)夕方~13日(月)明け方

13日(月) 近畿~東北で警報級の大雨の恐れ

画像C

週明け13日(月)は、近畿や東海、関東~東北にかけて、警報級の大雨の恐れがあります。寒冷前線通過時には、局地的に非常に激しい雨が降り、静岡など東海地方を中心に5月としては記録的な大雨となる所もありそうです。大気の状態が不安定なため、落雷や竜巻などの突風に警戒が必要です。

【大雨のピーク】)
近畿      13日(月)明け方~昼頃
東海      13日(月)朝の通勤時間帯~昼過ぎ
北陸      13日(月)未明~昼前
東北      13日(月)昼前後
関東      13日(月)夕方のお帰り時間帯

前線の動きにより、大雨のピーク時間帯が前後する可能性があります。風も強まり、交通機関に影響が出る恐れがあるため最新の気象情報・交通情報をこまめに確認して下さい。

平年5月ひと月分の雨量がザッと降る所も

画像D

13日18時までの24時間に予想される雨量は、多い所で、
東海地方      200から300ミリ
関東甲信地方    100から200ミリ
東北地方、伊豆諸島 100から150ミリ
北陸地方       50から100ミリ
の見込みです。

平年の5月ひと月分の雨量は、東京都心は約140ミリ、静岡で約215ミリ、名古屋で約150ミリ、大阪で約137ミリ。静岡など東海地方では、たった一日で5月ひと月分の雨量がザッと降る恐れがあります。土砂災害やアンダーパスなど低い土地の浸水、川の増水などに警戒が必要です。

大雨が発生 とるべき対応は

画像E

実際に大雨が発生したら、適切な対応ができるよう、事前に確認しておくことが大切です。安全を確保するために以下の点に注意してください。

① 河川や用水路には近づかないでください。普段は流れの遅い河川や用水路でも、大雨によって水かさが増したり、流れが速くなったりします。増水した用水路は道路との境目が分からなくなっていて、足を取られるおそれがあります。

② 運転の際は、アンダーパスなど低い道路は避けるようにしてください。低い道路には雨水が流れ込みやすいため、すぐに冠水してしまうおそれがあります。車が水没して故障したり、水圧によって、ドアが開かなくなったりして、車内に取り残されると、非常に危険です。無理をして通らず迂回するなどの対応をとってください。

③ 山などの急な斜面はいつ崩れるか分からないため、決して近づかず、斜面とは反対側に避難するようにしてください。土砂災害警戒情報や大雨警報の危険度分布を細かく確認して、状況を常に把握するようにしましょう。

④ 地下は浸水するおそれがあるため、雨漏りなど異変を感じたら地上に移動するようにしてください。地下では、危険を察知することが遅れてしまいがちです。こまめに気象情報を確認し、速やかに地上に移動できるようにしておきましょう。

⑤ 上流にダムのある河川の近くに住んでいる場合は、ダムの水位情報を確認するようにしましょう。大雨が長時間にわたって降り続くと、ダムは決壊を防ぐために放流を始める場合があります。