平愛梨(写真:アフロ)

 11日放送の「土曜プレミアム・中居正広の芸能人!お友達呼んできましたグランプリ第2弾」(フジテレビ・午後9時~)は、人気芸能人が本当に仲の良い“ガチ友達”と一緒に登場。エピソードトークやプライベート映像などから、11組22人それぞれのペアの熱い絆を深掘りする。ゲストのひとり、平愛梨の過去の人気記事を振り返る。(「AERA dot.」2024年4月18日配信の記事を再編集したものです。本文中の年齢等は配信当時)

【写真】夫長友と手つなぎラブラブな平愛梨はこちら

フォトギャラリーで全ての写真を見る

*  *  *

 ドジャース大谷翔平選手の結婚でにわかに注目が集まった“海外駐在妻”。海外で活躍する日本人スポーツ選手の妻と言えば、自己プロデュースが上手な元女子アナが多いイメージだが、タレントやスポーツ選手、はたまた幼なじみなど、その顔触れはさまざま。中でも個性を放っているのが、日本代表復帰で話題のサッカー選手・長友佑都と2017年に結婚し、4児の子育て中の平愛梨(39)だろう。

 タレント時代の平について、週刊誌の芸能担当記者はこう語る。

「平さんは女優として浦沢直樹の人気漫画を実写化した映画『20世紀少年』でヒロインのカンナを演じるなどして評価を得た一方、バラエティーでは超ド天然な性格をさらけ出して、たびたび話題を振りまいてきました。所ジョージさんのバラエティー番組『笑ってコラえて!』に出演した際は『ロケに行きたくない』と大号泣、現場を混乱に陥れ、『仕事なめてる』などSNSで集中砲火を浴びたこともありました。芸能界の内部でも平の奔放ぶりは有名だったらしく、『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』で、不安を理由に家族をロケに連れてきたり、収録中にもかかわらず小さい虫が気にして視線を宙にさまよわせていたというエピソードを岡村さんが明かしてたこともありました」

著者プロフィールを見る
雛里美和

雛里美和

ライター。新宿・十二社生まれの氷河期世代。語学系出版社から邦ロックシーンを牽引するライブエージェント(イベンター)を経て、独立。教育からエンタメまで幅広い分野で活動する。

雛里美和の記事一覧はこちら
次のページ
「愛梨がいなければW杯には行けなかった」