メイン画像

今日8日は、上空に寒気を伴った気圧の谷が日本海側から太平洋側に南下。太平洋側の日の差しているところも、暖気と寒気がぶつかり合うことで、午後は局地的に積乱雲が発達。急な強い雨や落雷、竜巻などの突風、ひょうに注意。関東は夜になるほど雷雨が発生しやすい見込み。

寒気南下で大気不安定 関東は午後から雷雨の可能性

画像A

今日8日は、上空に寒気を伴った気圧の谷が日本海側から太平洋側に南下する見込みです。

今夜は、上空5500メートル付近でマイナス18℃以下の寒気を伴った気圧の谷が西日本から東日本の太平洋側に流れ込むでしょう。
関東は少し日も差していて、地上付近は暖かい空気に覆われている中で、明日9日にかけて上空には次第に寒気が流れ込む見込みです。大気の状態が一層不安定になるでしょう。

今日8日午後は、関東の所々で雨雲が発達するでしょう。夜になるほど首都圏でも雷雨が発生しやすくなりそうです。
帰宅時間帯は、天気の急変に注意してください。雷が鳴る音が聞こえたり、急に冷たい風が吹いたら、積乱雲が近づいている証拠です。急に強い雨が降ってきたり、雷が鳴ったり、竜巻などの突風やひょうの降る恐れがあります。早めに頑丈な建物に移動するようにしましょう。

また、今日8日夜は朝よりも気温が低く、雨が降ると一段と寒く感じられそうです。長袖の羽織るものが1枚あると良いでしょう。

明日9日朝にかけて雨 北部山沿いで一時雪か

画像B

関東は、明日9日朝にかけて雨が降りやすいでしょう。また、北部の標高の高い山では、明日9日未明から一時的に雪がまじるかもしれません。
朝早くに峠越えの車の運転を予定されている方は、タイヤの滑り止め対策を検討するなど運転は十分に気をつける必要がありそうです。

明日9日、日中は各地とも天気は回復に向かうでしょう。晴れても最高気温は20℃前後で、日差しの割には空気がひんやりと感じられそうです。昼間も長袖や羽織るものが1枚あると良いかもしれません。