カニエ・ウェスト&タイ・ダラー・サイン、ノース・ウェスト主役&監督の「Talking」MV公開

 カニエ・ウェストことイェーによると、米ビルボード・アルバム・チャート“Billboard 200”を制したアルバム『ヴァルチャーズ1』に続く新作『ヴァルチャーズ2』が2024年5月3日にドロップされる予定だ。だが、これまでのようにリリースが延期になる場合に備えて、イェーとタイ・ダラー・サインが、ファンのために『ヴァルチャーズ1』のサード・シングル「Talking」のミュージック・ビデオを公開した。

 イェーとタイ・ダラー・サインによるプロジェクトを象徴する黒とグレーの落ち着いた色調に忠実なこのMVは、大きな(あるいは小さな)例外を除いて、これまで2人が発表してきた他のビジュアルに似た内容になっている。その例外というのが、今回イェーの長女ノース・ウェストが主役が務めているということだ。彼女は堂々とパフォーマンスしているだけでなく、今作の脚本兼監督としてもクレジットされている。さらには、過去にイェーとコラボ経験があり、『ヴァルチャーズ』2作のアルバム・ジャケットを撮影したオース・テイラーが共同監督を務めている。

 MVは、バスケットボールのコート、ボクシングのリング、アルバム・タイトルにちなんでハゲタカがいる野原、スポーツカーのルーフや友人たちとの食事の席などノースがさまざまな場所で、ファン人気の高いバースを披露する様子を捉えている。そしてビートが変わると、タイが「Once Again」と名付けられた曲の後半部分を歌っている。雲が立ち込める中、映像はハゲワシが飛び交う山頂に立つイェーの姿でフェードアウトする。

 何度も延期された後、2月10日にリリースされた『ヴァルチャーズ1』は、その流通をめぐるいざこざにもかかわらず、Billboard 200首位に立った。2月15日、このアルバムを最初に配信したFUGAは、リリースが利用規約に違反しているため、ストリーミング・サービスから削除する対応をとっているという声明を発表した。アルバムは最終的にレーベル・エンジンから再リリースされ、リッチ・ザ・キッドとプレイボイ・カルティをフィーチャーしたシングル「Carnival」が米ビルボード・ソング・チャート“Hot 100”で1位に輝いた。