佐賀龍彦がLE VELVETSを脱退、「必ず回復すると信じて」

 佐賀龍彦が、2024年9月末でLE VELVETSを脱退することが発表された。

 なお3人での新体制を整えるため2024年10月以降、LE VELVETSのグループとしての活動は年内休止となる。佐賀は、2021年9月に脳梗塞を発症。リハビリを経て、約1年後にステージに復帰していた。以降も活動を続けていたが、完治を目指してリハビリに専念したいという、佐賀本人の意向により脱退が決定したという。なお、LE VELVETSは5月4日に【東京国際音楽祭「昭和99年紅白歌合戦」】に出演、5月19日からツアー【Because of you】を全国4か所で開催する。

◎佐賀龍彦 コメント
日ごろは、僕たち LE VELVETS に応援、ご支援をいただきましてどうもありがとうございます。
また僕、佐賀龍彦に関しましては、とくに2021年9月に脳梗塞を発症して以来、熱い応援、激励のメッセー
ジをいただいてきました。そのおかげで1年後の秋、僕は舞台に復帰できるまでに回復し、その後みなさま
の生の励ましの声に支えられながら今日まで1年半、LE VELVETS の一員して頑張ってくることができまし
た。深く感謝しております。どうもありがとうございます。

一方、僕は、自身の身体機能はかなり良くなったという感覚はあるものの、自分の思うようなパフォーマン
スができず、理想と現実のギャップを感じながら舞台に立ってきたという現実もありました。
記憶力や、集中力、理解力が無いだけでなく、ステージにいる自分が宙に浮いたような体験もありました。
今の自分のパフォーマンス能力を客観的に見ると、プロの表現者としては 50%に満たないと思っています。

これでは、プロのアーティスト、表現者として、舞台に立つのは、まだ困難である事を自覚し、直面して
います。みなさまの中には、僕の回復の様子を見て励まされると言ってくださる方々もあり、そのお言葉
に勇気をいただいて僕も頑張ってきましたが、やはり LE VELVETS の舞台にプロとして立ち続けることに
限界を感じています。

そこで今、一旦立ち止まり、グループ活動から抜けさせていただき、トレーニングを主とした生活に入りた
いと考えております。

またメンバーと一緒にステージに並んで、ファンのみなさまに観ていただけるレベルに達するまで必ず回復
すると信じて、日々再復帰のための時間を過ごします。どうかみなさま、僕のわがままを許してくださっ
て、100%の回復の日を待っていてくださると幸いです。

16年間、共にいるメンバーは再び3人体制でLE VELVETSを守り成長させてくれます。信頼できる彼らがい
るおかげで僕は自分自身の回復に専念することができます。
本当にありがたく感謝しております。
9月いっぱいまでは、僕は全ての舞台に立ち、全力で頑張ります!

LE VELVETS は、これからも飛躍し続けます。
みなさま、ご理解いただき、今後とも LE VELVETS を応援くださいますよう、
どうぞよろしくお願いいたします。

心より感謝をこめまして 佐賀龍彦

◎宮原浩暢 コメント
突然で驚かれたと思います。僕も佐賀君から胸の内を聞いた時、正直驚きました。
リハビリをしながらベストな状態ではないのに、プロとして LE VELVETS として毎回ステージに立た
なければならない事。佐賀君の中で沢山の葛藤がありました。

何度も話し合い、彼のこの申し出を事務所とメンバーみんなで受け止める事にしました。
佐賀君が完全に復活し、自信を持ってステージに立てると思えた時、またこの LE VELVETS に帰って
きて欲しいと思っています。
これからも全力でこのグループを守ります

◎日野真一郎 コメント
最初は、佐賀くんの思いを聞いて大変戸惑いました。
16年間、苦楽を共にしてきた仲間なので、僕自身も気持ちの整理が追いつかず、ファンの皆様の事を
考えると言葉になりません。
話し合いを重ね、断腸の思いで彼の気持ちを尊重すると決めました。

また、脱退後は3人での活動が困難の為、年内のグループでの活動休止に至りました。
応援して下さる皆様、僕たちの決断をどうか見守って下さい。

佐賀くん、納得する回復を目指して療養に専念して下さい。
そして帰ってくる場所がある事。決して忘れないで下さい。
僕たちはいつまでもLE VELVETS です。

◎佐藤隆紀 コメント
佐賀さんがコンサートに復帰してから、舞台に立つ為に努力を重ね、体は元気になる一方で、記憶や思
考の面で思うようにいかない部分を沢山見てきました。
共に歩んで来た佐賀さんが脱退するのはとても残念なことですが、今年に入りリハビリに専念したい本
人の強い意志を受け取りました。

年内は4人でのツアーに全力を注ぎ、その後の年内のグループ活動は休止させていただきます。ご理解
いただき、これからも皆様の温かい応援を宜しくお願いいたします。