メイン画像

ここ1週間(4月23日午前8時~4月30日午前8時)に日本付近で発生した地震は51回。うち、震度3以上の地震は10回でした。また、日本時間の今日30日明け方に発生した、インドネシアのルアング火山の大規模噴火による影響については、午前8時30分現在、海外および国内の観測点で有意な潮位変化は観測されていません。

ここ1週間 震度3以上の地震は10回

画像A

ここ1週間(4月23日午前8時~4月30日午前8時)に日本付近で発生した地震は51回でした。うち、震度3以上の地震は10回と、連日のように発生しています。震源地は豊後水道や奄美大島近海、石川県能登地方などとなっています。4月24日午後8時40分頃には茨城県北部を震源とするマグニュード5.0,最大震度4の地震が発生しました。

今日30日の午前1時14分頃には、岐阜県飛騨地方を震源とするマグニチュード3.7の地震が発生し、岐阜県高山市と長野県木曽町で震度3を観測しました。

インドネシアで大規模な噴火が発生

画像B

今日4月30日(火)午前4時頃(日本時間)、インドネシアのルアング火山で大規模な噴火が発生しました。ダーウィン航空路火山灰情報センター(VAAC)によると、噴煙高度は約19,000メートルに達したということです。

気象庁が、日本への津波の有無について調査中です。午前8時30分現在、海外および国内の観測点で有意な潮位変化は観測されていません。

この噴火に伴って津波が発生して日本へ到達する場合、到達予想時刻は早いところ(沖縄県地方)で、今日30日午前6時頃。予想される津波の最大波の高さは不明です。

ただ、到達予想時刻は、日本のなかで最も早く津波が到達する時刻で、場所によっては、この時刻よりもかなり遅れて津波が襲ってくることがあります。今後の情報に注意してください。

※図中に「震源地」とありますが、「遠地地震に関する情報」を作成する際に付与される文言です。実際には大規模噴火であり、規模の大きな地震は発生していない点に留意してください。

地震に備えて

画像C

いつ発生するかわからない地震に備えて、日頃から身のまわりの安全を確保するようにしておきましょう。

まず、家具の転倒を防ぐ対策をしてください。特に、寝室の安全はしっかり確保してください。普段、寝ている場所に寝転がり、家具が倒れてきたり、ものが落ちてきたりしないか確かめておきましょう。