メイン画像

明日25日(木)は関東甲信を中心に気温が急上昇。甲府など内陸では最高気温が30℃以上の真夏日になる所もあるでしょう。ゴールデンウィークも25℃以上の夏日になる日が多く、暑さに注意が必要です。

明日25日(木) 天気回復 関東甲信では30℃以上の真夏日の所も

画像A

明日25日(木)は、西から高気圧に覆われてくるでしょう。東海や関東甲信~東北では朝まで雨の降る所がありますが、日中は晴れる所が多くなりそうです。

気温は朝から高めで、日差しとともに気温がグングンと上がるでしょう。四国~関東甲信では最高気温が25℃以上の夏日になる所が多く、関東甲信の内陸では30℃以上の真夏日になる所もありそうです。甲府では31℃が予想されており、今年初めての真夏日になるでしょう(昨年2023年は5月17日でした)。

関東甲信では、今日24日(水)との気温差が10℃以上になる所が多く、東海~中国、四国でも5℃くらい高くなる所があるでしょう。まだ身体が暑さに慣れていない時期です。さらに急に暑くなるため、体調管理に十分な注意が必要です。こまめな水分補給に加えて、汗をたくさんかいたら、塩分も適度にとりましょう。

ゴールデンウィークは雨スタート

画像B

明後日26日(金)も晴れますが、早くも西から天気は下り坂です。九州では午後は雨が降り出すでしょう。

27日(土)からゴールデンウィークがスタートする方も大勢いらっしゃると思いますが、雨の降る所が多くなりそうです。前線が本州の南にのび、前線上を低気圧が通過する見込みです。沖縄や九州~関東甲信では雨が降り、雨脚が強まる所もありそうです。車でお出かけされる方は、見通しが悪くなることもありますので、いつも以上に安全運転でお願いします。東北は雲が多いですが、次第に晴れてきそうです。北海道は晴れて、行楽日和になりそうです。

28日(日)は日差しが戻りますが、にわか雨の所がありそうです。屋外でのレジャーを予定されている方は、天気の急変にご注意ください。

29日(月)昭和の日と30日(火)は晴れ間が出る所が多く、行楽日和が続くでしょう。ただ、九州では断続的に雨が降りそうです。

5月1日(水)は前線や低気圧の影響で九州から東北の広い範囲で雨が降り、ザッと雨の降り方が強まる所があるでしょう。

気温のアップダウンが激しい 服装選びに注意

画像C

この先も、気温のアップダウンが激しいでしょう。

明後日26日(金)は最高気温が25℃以上の夏日の所が多く、札幌など北海道でも夏日になる所があるでしょう。季節外れの暑さになりますので、こまめな水分補給を心がけてください。

ゴールデンウィーク初日の27日(土)は雨の降る所が多いため、気温は急降下です。東京都心でも20℃くらいで、季節は逆戻りするでしょう。前日との気温差が大きくなりますので、服装選びにご注意ください。

28日(日)は再び気温が急上昇。最高気温が25℃以上の夏日になる所が多く、内陸では30℃近くまで上がる所もあるでしょう。30日(火)にかけて暑さが続きますので、体調を崩さないよう、お気をつけください。

ゴールデンウィーク後半 天気急変と暑さに注意

画像D

5月2日(木)~6日(月)振替休日は晴れる日が多くなりますが、晴れる日もにわか雨の所があるでしょう。屋外のレジャーでは、空模様の変化にお気をつけください。

5月2日(木)は暑さがいったん落ち着きますが、3日(金)憲法記念日から再び暑さが戻りそうです。無理のないよう、お過ごしください。

ゴールデンウィークは日ごとの気温の変化が大きくなります。旅行などでお出かけを予定される方は、地域ごとの天気や気温をこまめにチェックをして、快適に過ごせるように、温度調整しやすい服装を準備しておくようにしましょう。