メイン画像

今日20日(土)は、広い範囲で日差しが届くものの、西から前線が延びて、九州は雨。雷を伴い激しく降る所も。最高気温は、近畿や東海、関東甲信で平年を大幅に上回り、25℃以上の地点が多くなる予想。

本州付近は高気圧の圏内 大陸からは前線や低気圧

画像A

本州付近は高気圧に緩やかに覆われます。一方、大陸からは前線や低気圧が進んできて、活発な雨雲が次第に九州へ近づくでしょう。また、昨日(19日)に関東や東北などに強い風を吹かせた低気圧が、日本の東へ進みます。この低気圧に近い北海道では、ヒンヤリとした西よりの風が強まるでしょう。
【各地の天気】
沖縄は大体晴れますが、午前も午後も、にわか雨の可能性があります。
九州は、広く雨となるのは昼前後から。午後3時頃からは次第に本降りになり、雷を伴う所もあるでしょう。北部では、局地的に道路が冠水するような激しい雨が降りそうです。
中国と四国は、雲の間からときおり日差しが届くでしょう。夕方以降は所々で雨が降りそうです。
近畿は昼頃まで晴れ間があるでしょう。天気はゆっくり下り坂で、夜は雨の降る所もありそうです。
東海と関東甲信、北陸は、おおむね晴れるでしょう。多少、雲のかかることはあっても、天気の崩れはない見込みです。
東北は晴れ間が広がるでしょう。昨日ほどではないものの、風のやや強い状態が続きそうです。
北海道は、東部では雨が降ったりやんだり。峠は雪の所もあって、路面状況の変化に注意が必要です。また、昼前後をピークに北または西よりの風が強まります。北部と南西部は雲を通して薄日が差すでしょう。こちらも風が強めに吹くことがあります。

沖縄は真夏日も 近畿や東海、関東甲信は広く夏日 暑さ対策を

画像B

最高気温は、沖縄は昨日と同じか高めで、28℃から30℃くらいの予想。熱中症対策が欠かせません。
九州や中国、四国は、昨日と比べると3℃から5℃ほど低い所が多く、季節外れの暑さは収まりそうです。
一方、近畿は北部を中心に昨日より高くなる所が多く、東海や関東甲信も昨日より高め。平年と比べて5℃くらい高く、広い範囲で25℃以上の夏日となるでしょう。30℃を超えるような極端な高温にはなりませんが、屋外のレジャーやスポーツは、無理は禁物です。こまめに水分を補給し、時間を決めて休憩をとるようにしてください。
北陸や東北南部は20℃前後、東北北部は15℃から18℃くらいの所が多く、昨日とほとんど変わらないでしょう。
北海道は広く10℃前後の予想。昨日より低めで、この時期としても低くなるでしょう。西よりの風が強まり、体感温度はさらに下がりそうです。