自分の言葉で丁寧にインタビューに応じてくれた山本彩さん。凛とした表情が印象的だ(撮影/写真映像部・高野風菜)

 NMB48を経て、2019年に本格的にシンガー・ソングライターとしての活動をスタートした山本彩(やまもと・さやか)さん。昨年7月に30歳を迎えた。意外なことに、かつては30代になっても音楽活動を続けられているとは「思っていなかった」のだという。

【写真】扉からひょっこり覗く山本彩さん

*  *  *

音楽以外にできることがない

「音楽で生活をしていくことの大変さや難しさは漠然とわかっていたので、自分がその一握りの存在になれるとは全く思っていなかった。きっとどこかで挫折して終わるんじゃないかと思っていました。

 いま、30代になっても音楽の仕事を続けられていることが、まずすごくありがたいことだと思っています。過去、バンドを組んでいた時期もありましたが解散したし、アイドルグループとしての活動も終わりを迎え、区切りになるタイミングがいくつもありました。そこで活動が終わらず、続けられていることに希望を感じるんです。

 結局、私には音楽以外にできることがない。だから、戻ってくる。

 歌うことが楽しいし、曲を作ることも楽しいし、それを聴いてもらえた時の達成感や幸福感は音楽でしか得られないものだということは何度も体験してきました。それが一番大きいと思います」

目標がない時期があってもいい

 ただし、30代になったタイミングで、先のビジョンが大きく変わった。

「『ずっと音楽をやっていきたい』という気持ちはありますが、『死ぬまでやるぞ!』と決めるというよりは、一瞬一瞬が積み重なって、気づけば10年、20年続いているのが理想です。

 20代は『生涯現役が目標です!』と公言していました。それによって、『やらなきゃいけないんだ』と感じることも多く、自分で自分の首を絞めていたところもあったと思います。

 明言することも時には必要だと思いますが、それでしんどさを感じるのであれば、具体的な目標がない時期があってもいいんじゃないかなと思うようになりました」

 楽曲制作に対する姿勢も変わった。心にどこか、ゆとりが生まれた。

次のページ
100%誰かのために歌う