メイン画像

明日13日(土)、明後日14日(日)は、九州から北海道にかけて広く晴れるでしょう。日中はグンと気温が上がり、汗ばむくらいの所が多くなりそうです。半袖を着る方も多くなるかもしれませんが、春は紫外線の量が多くなる時期です。お出かけ・お花見の際は紫外線対策を万全に。

土日 九州~北海道は初夏の空気を持つ高気圧に覆われる 沖縄はスッキリせず

画像A

明日13日(土)の天気
九州北部から北海道は高気圧に覆われて、晴れる所がほとんどでしょう。今日12日(金)に雨が降った関東沿岸部や北海道でも日差しが届き、各地で気温が上がります。東京都心では最高気温が24℃と夏日一歩手前に。札幌でも20℃まで上がって、昼間は上着が必要ないくらいに感じるかもしれません。
一方、沖縄や九州南部は低気圧の影響で雲が広がりやすく、午前を中心に雨や雷雨となるでしょう。

明後日14日(日)の天気
九州北部から北海道は引き続き高気圧に覆われて、広く晴れるでしょう。九州南部も雲が少なくなり、日差しが届きそうです。高気圧のふちを回って、13日(土)よりもさらに暖かな空気が流れ込んできます。関東から西では最高気温が25℃以上の夏日の所が続出し、仙台でも25℃まで上がる見込みです。日中は広く半袖でも過ごせる陽気。暑さを感じるくらいでしょう。
沖縄は湿った空気の影響で天気がスッキリせず、時折弱い雨が降りそうです。

春の紫外線は油断大敵 暑さ対策と両立して紫外線対策も

画像B

この土日は晴れて暑いくらいの所が多く、日中は半袖で過ごす方が多いかもしれません。体に熱をため込まないよう、服装の調整は必要ですが、薄着をする時に油断大敵なのが「紫外線」です。
まだ春だからと紫外線対策を怠っている人もいるかもしれません。ただ、4月は冬場と比べるとかなり紫外線の量が増える時期で、特に日差しの届く時間が長いこの土日は、紫外線を浴びすぎないように対策が必要です。

① 長袖の衣類や、UVカット効果のある衣類を選びましょう。ただ、暑い時期には、無理をして、熱中症にならないよう、通気性の良い素材などを選ぶことを、心がけてください。
② 洋服などで覆うことができない所は、日焼け止めを塗るのも効果的ですが、汗をかくと、日焼け止めが流れてしまいます。日焼け止めは、こまめに塗りなおしましょう。
③ 紫外線は、眼からも浴びてしまいます。サングラスをかける場合は、眼にフィットした紫外線防止効果のあるサングラスを選ぶと、最大で紫外線を90%もカットすることができます。