【先ヨミ】乃木坂46『チャンスは平等』64.5万枚で現在シングル1位

 今週のCDシングル売上レポートから2024年4月8日~4月10日の集計が明らかとなり、乃木坂46の『チャンスは平等』が645,504枚を売り上げ、現在首位に立っている。

 乃木坂46の35thシングル『チャンスは平等』は、4月10日にリリース。表題曲のセンターは、卒業を発表している山下美月が担当。本作は、フラゲ日(集計期間:2024年4月8日~4月9日)の時点で、585,545枚を売り上げて、ハーフミリオンを突破し、現在2位と約63.5万枚の差をつけてトップを独走中だ。

 続く、ZEROBASEONEの日本1stシングル『ゆらゆら -運命の花-』は、今週前半3日間で10,206枚を売り上げ、現在2位に。TVシリーズ特別編集『名探偵コナン vs. 怪盗キッド』テーマソングのWANDS『大胆』は、今週前半3日間で4,192枚を売り上げて現在3位についている。

 そのほか、HKT48の17thシングル『バケツを被れ!』は、今週前半3日間で3,748枚を売り上げ現在4位を走行中。TVアニメ『にじよん あにめーしょん2』主題歌の虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会『虹ヶ咲学園校歌』は、今週前半3日間で3,566枚を売り上げて5位に続いている。


◎Billboard JAPANシングル・セールス集計速報
(2024年4月8日~4月10日の集計)
1位『チャンスは平等』乃木坂46(645,504枚)
2位『ゆらゆら -運命の花-』ZEROBASEONE(10,206枚)
3位『大胆』WANDS(4,192枚)
4位『バケツを被れ!』HKT48(3,748枚)
5位『虹ヶ咲学園校歌』虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会(3,566枚)

※Billboard JAPANのCDセールスデータは、SoundScan Japanのデータを使用しています。