メイン画像

今日11日は新潟で桜の満開の発表がありました。北陸地方は桜が見ごろの所が多くなっています。15日頃まで大体晴れてお花見日和が続くでしょう。気温は平年より高く、夏日となる所もありそうです。一方、来週16日から18日頃にかけては雨が降る見込みです。その後は晴れ間の出る日が多いでしょう。

12日~18日 15日頃までお花見日和 汗ばむ陽気

画像A

今日11日(木)、新潟で桜の満開の発表がありました。昨年より11日遅く、平年より2日早い満開です。昨日10日(水)は富山で満開の発表がありました。金沢は8日(月)、福井は6日(土)に満開が発表されており、北陸地方は桜が見ごろの所が多くなっています。

15日(月)頃までは移動性高気圧に覆われる見込みです。多少雲の広がる時間はありますが、大体晴れて、お花見日和が続くでしょう。日中は日差しが強くなってきているため、日焼け止めや帽子などで紫外線対策を行うと良さそうです。

最高気温は16日(火)頃まで20℃を超える所が多く、暖かいでしょう。特に14日(日)は福井と敦賀で25℃と、今年初の夏日となる予想です。体が暑さにまだ慣れていない時期のため、水分補給を心がけ、熱中症に注意してください。
また、朝晩と日中との気温差は大きく、夜になるとグッと冷える見込みです。夜桜見物の際には、服装指数も参考に、上着をはおるなど暖かくしてお出かけください。
なお、最新の開花状況や見ごろスポットは北陸地方の桜開花・満開情報 2024をご覧ください。

16日(火)から17日(水)は気圧の谷が通過する見込みです。16日(火)は西から雨が降りだし、17日(水)から18日(木)は広く雨が降るでしょう。

19日~24日 晴れ間の出る所が多いが、一部でカサの出番も

画像B

19日(金)は、上越ではじめ雨が残りますが、天気は回復する見込みです。新潟県から石川県は、24日(水)にかけて雲の広がる日はあるものの、天気の大きな崩れはないでしょう。福井県も晴れ間の出る日がありますが、21日(日)と24日(水)は雨の降る所がありそうです。
最高気温は、20℃前後の所が多いでしょう。

本格的に暑くなる前から始めよう 熱中症予防

画像C

熱中症を予防するには、以下のポイントを心がけてください。

① 暑くなり始めの頃から、暑さに備えて体づくりを行いましょう。「やや暑い環境」で「ややきつい」と感じる運動を、毎日30分程度行い、体を暑さに慣れさせてください。
② できるだけ暑さを避けて、喉が渇く前から水分補給を心がけましょう。なるべく涼しい服装を心がけ、日傘や帽子も活用するのが効果的です。入浴の前後や、起床後も、まずは水分を補給しましょう。汗を大量にかいた場合は、水分だけでなく、塩分補給も忘れないでください。
③ 暑さを我慢せず、エアコンを使って室内の温度を適度に下げましょう。室内に温度計を置き、こまめに室温を確認しながら調節するとよいでしょう。なお、感染症対策として換気を行う場合は、窓とドアなど2か所を開放したり、扇風機や換気扇を併用したりするのが、おススメです。換気後、エアコンの温度は、こまめに再設定してください。

もし、少しでも体調が悪いと感じたら、無理をしないで、自宅で静養することが必要です。高齢者や子ども、障がいのある方は、特に熱中症になりやすいので、周りの方が気を配るなど、十分ご注意ください。