メイン画像

今日8日(月)は西から雨雲が広がり、夜は関東や北陸、東北南部も雨。沖縄や四国では局地的に激しい雨。昨日7日(日)は京都や名古屋など夏日となった所も、暑さが収まりそう。

前線や低気圧周辺 雨脚強まる

画像A

今日8日(月)も、沖縄付近から本州の南に前線が停滞するでしょう。また気圧の谷が近づき、夜には前線上・四国の南に低気圧が発生する予想です。前線や低気圧に向かって、暖かく湿った空気が流れ込むため、雨雲が発達するでしょう。

明日9日(火)にかけては、太平洋側の沿岸部を中心に雨の降り方が強まり、沖縄や東海、関東では警報級の大雨となる可能性があります。

西から天気下り坂 局地的に激しい雨

画像B

今日8日(月)は、西から雨の範囲が広がるでしょう。

沖縄は雨が続き、沖縄本島地方と先島諸島では局地的に激しい雨が降りそうです。明日9日(火)午前6時までに予想される24時間降水量(多い所)は、沖縄本島地方で120ミリ、先島諸島80ミリとなっています。土砂災害や低い土地の浸水、川の増水に十分ご注意ください。

九州は次第に雨が降り、四国や中国地方、近畿も昼頃から雨が降りだすでしょう。太平洋側では局地的に雷雨となり、四国は夕方から激しく降ることもありそうです。

東海や関東甲信、北陸は天気が下り坂で、夕方以降は雨の範囲が広がるでしょう。時間が遅くなるほど本降りになりそうです。

東北や北海道も太平洋側では所々で雨が降りますが、日本海側を中心に晴れ間が出そうです。

前日より低い所も 暑さ収まる

今日8日(月)の最高気温は、前日と同じくらいか低い所が多いでしょう。

沖縄は25℃くらいで、平年並みの予想です。九州から東北は、20℃前後の所が多いでしょう。昨日7日(日)、今年初めての夏日となった京都や奈良、福島も暑さは収まりそうです。それでも、この時期しては気温の高い所が多いでしょう。

北海道は、日本海側を中心に気温が上がりそうです。札幌の最高気温は21℃。平年より大幅に高く、初夏の陽気でしょう。

雪が多く残る所では、雪解けによる土砂災害やなだれにご注意ください。

激しい雨って どんな雨?

画像D

激しい雨は、1時間雨量が30ミリ以上~50ミリ未満の雨を表しています。これは、バケツをひっくり返したように降るイメージです。また、傘をさしていてもぬれるレベルで、木造住宅の屋内では、寝ている人の半数くらいが雨に気づくほどです。外では道路が川のようになり、高速道路を走る車は、タイヤと路面の間に水の膜ができて、ブレーキがきかなくなる「ハイドロプレーニング現象」が起こるおそれがあります。

激しい雨が降ると予想される所では、土砂災害や低い土地の浸水、川の増水・氾濫を引き起こす可能性がありますので、注意が必要です。