メイン画像

今日7日(日)の日中は多くの所で晴れる見込み。ただ、南に停滞する前線の影響で、九州南部と沖縄は曇りや雨。最高気温は広く平年を上回り、名古屋で25℃など、夏日の所も。

北日本~西日本は高気圧の圏内 南西諸島付近に前線

今日7日(日)も高気圧に緩やかに覆われます。高気圧の中心が、少し北に偏っているので、太平洋側ほど湿った空気が入りやすい状況です。また、南西諸島付近には前線が停滞します。

北海道は広く晴れ。太平洋沿岸の地域は弱い雨の降ることもありますが、日差しは届くでしょう。
東北の日本海側と北陸は、ほぼ一日晴れそうです。風も、それほど強く吹くことはないでしょう。
東北の太平洋側と関東甲信、東海、近畿、中国地方にかけて、朝のうちは曇りや雨でも日中は晴れてきます。風も比較的穏やかで、お花見など、屋外のレジャーに良さそうです。
四国と九州北部は、午前、午後ともに、にわか雨の可能性がありますが、雲の間からときおり日が差すでしょう。
九州南部は曇りや雨。前線に近い沿岸部ほど、雨の時間が長くなりそうです。
沖縄は今日も大気の状態が不安定。断続的に、活発な雨雲や雷雲がかかるでしょう。突然の激しい雨、落雷、突風に注意が必要です。

最高気温 全国的に平年並みか高い 夏日地点も

画像B

最高気温は、全国的に昨日(6日)と同じか高く、平年と比べても高くなる所が多いでしょう。

北海道は、太平洋沿岸の地域は10℃に届かない予想ですが、日本海側とオホーツク海側は15℃を超え、20℃に迫る所もありそうです。
東北と北陸は20℃前後で、4月下旬から5月中旬並みの暖かさとなるでしょう。
一昨日、昨日と花冷えが続いた関東も、23℃前後と快適な陽気に。昼間は上着なしでも良さそうです。
東海から西は広範囲で22℃前後の予想。特に、東海と近畿は気温が上がり、25℃以上の夏日の所もあるでしょう。まだ、体が暑さに慣れていない時期ですので、真夏のような極端な高温にはならなくても、体調を崩してしまう危険性があります。屋外のレジャーやスポーツは無理をせず、時間を決めて水分や休憩をとるようにしてください。