メイン画像

来週のはじめまでは、西日本を中心に雨の降る日が多く、3日(水)から4日(木)にかけては大雨のおそれ。気温は平年より高い日が多く、桜は順調に開花。北陸や東北南部でも見頃を迎える所が多くなりそう。

2日(火)~8日(月) 西ほど雨 大雨のおそれも

この先1週間は、西日本を中心に前線の影響を受けやすく、北の地域ほど晴れる日が多いでしょう。

明日2日(火)の日中は、各地で晴れる見込みです。ただ、前線が近づく沖縄は夕方から、九州は夜から雨の降る所があるでしょう。

3日(水)は本州付近に前線がのびて、低気圧が通過。4日(木)は前線が本州を南下する予想です。九州から東北の広い範囲で雨が降るでしょう。低気圧や前線周辺では雨雲が発達しやすく、西日本を中心に大雨となるおそれがあります。

5日(金)は天気が回復するものの、6日(土)は再び前線が北上するでしょう。7日(日)は西から雨の範囲が広がり、8日(月)は北海道も雪ではなく、所々で雨が降りそうです。西日本など、花散らしの雨になる所もあるでしょう。

最低気温・最高気温ともに、平年より高い日が多く、雨でも寒さはなさそうです。この暖かさで、東北でも続々と桜が開花するでしょう。ただ、雪が多く残る所では、雪解けによるなだれや土砂災害、冠水などにご注意ください。

9日(火)~14日(日) 日差したっぷり 初夏の陽気も

画像B

9日(火)も、近畿から東北では雨が降るでしょう。10日(水)以降は高気圧に覆われて、13日(土)にかけては全国的に晴れる見込みです。紫外線が強まる時期なので、長時間外出される際はしっかりと対策をしてください。

最高気温は、週末にかけて日ごとに高くなる傾向です。13日(土)は初夏の陽気の所が多く、東京都心の最高気温は25℃と夏日予想。スッキリと晴れる日ほど、朝晩と日中との気温差が大きくなるため、服装でうまく調節してください。