愛子さまのお誕生日の前日11月30日に秋篠宮さまの誕生日のお祝いのあいさつをするため赤坂御用地に入られた 代表撮影

 天皇、皇后両陛下の長女愛子さまは、今春に学習院大を卒業、4月から日本赤十字社での勤務と公務の両立生活がスタートする。これから成年皇族としてのご活躍が期待される愛子さま。そのご成長を振り返る(この記事は「AERA dot.」に2023年12月1日に掲載された記事の再配信です。肩書や年齢等は当時のもの)。

【写真】愛子さまと雅子さま、腕の位置、角度が一緒だった瞬間はこちら!

フォトギャラリーで全ての写真を見る

*  *  *

 12月1日に22歳になられた天皇、皇后両陛下の長女、愛子さま。22年3月17日に、成年になられて初めての記者会見を立派に務められてからは、ますます頼もしくなり、「雅子さまに似てきている」との声もある。22歳の愛子さまを写真で振り返る。
 

 今年1月2日、3年ぶりに行われた新年の一般参賀。その報道には、「愛子さまが成年後初めての出席」という言葉が必ずといっていいほどついていた。世の中の愛子さまへの注目の高さがうかがえるが、改めて当時を振り返ってみよう。

 天皇陛下雅子さまに続き、皇族の方々が宮殿・長和殿のベランダにお出ましになり、愛子さまは雅子さまの隣に並ばれた。おふたりのドレスは色もデザインも異なるものの、どことなくフォルムが似ている。写真で確認すると、袖口の包みボタンが6つで、雅子さまと愛子さまはシンクロコーデだった。

23年1月2日新年一般参賀で、手を振る雅子さまと愛子さま

 同じく、愛子さまの父である天皇陛下の63歳のお誕生日を祝う2月23日の一般参加では、愛子さまは淡いピンク色で、袖口と首元に4層のオーガンディー(薄い生地)が施された格式高いドレスをお召しになっていた。

次のページ
雅子さまと「ほぼ同じ」写真は次に