メイン画像

今日は全国的に晴れていますが、明日28日(木)は早くも西から雨雲が近づきます。明後日29日(金)にかけて雨や風が強まり、春の嵐に。雨上がりは全国に黄砂が飛来する予想です。30日(土)からは晴れて汗ばむ陽気となり、桜が一気に咲き進むでしょう。

28日(木)~29日(金) 春の嵐のち黄砂

画像A

今日は全国的に晴れていますが、明日28日(木)は早くも天気が西から下り坂に向かいます。
明日、九州では昼前から雨が降り出し、中国、四国も早い所では昼過ぎから雨が降るでしょう。近畿や東海は夕方から、北陸や関東、東北も夜は傘が必要になりそうです。
次第に雨や風が強まって、明後日29日(金)にかけて春の嵐となるでしょう。太平洋側を中心に非常に激しい雨の降る所があり、大雨となるおそれがあります。近畿や東海、北陸では朝の通勤時に雨のピークとなる可能性があり、今後の情報に注意が必要です。
天気の回復は早く、29日(金)の午後は天気が回復に向かう所が多いですが、日本海側を中心に黄砂が飛来するでしょう。

30日(土)~4月1日(月) 晴れて汗ばむくらいの所も 黄砂や花粉に注意

画像B

30日(土)は広く晴れますが、関東など太平洋側も含めた広い範囲に黄砂が飛んできそうです。また、東海や関東・東北では花粉が大量飛散するでしょう。行楽日和、お花見日和となりますが、お出かけの際はマスクをするなど対策をとるとよさそうです。九州から東北では、日中は上着いらずの陽気となり、汗ばむくらいの所もあるでしょう。

31日(日)と4月1日(月)も晴れる所が多く、春本番の陽気が続きます。桜が一気に咲き進むでしょう。2日(火)になると西日本で雨が降り出し、3日(水)は広い範囲に雨雲がかかるでしょう。気温が高く、北海道でも雪ではなく雨になりそうです。

4日(木)~9日(火) 九州から関東は雨の日が多くなる

画像C

天気の回復は早く、4日(木)は日差しの届く所が多いですが、晴天が長く続くのは北海道だけです。5日(金)からは九州から関東で雨が降りやすい日が続くでしょう。北陸や東北もだんだん雲が増えて、雨の降る日がありそうです。

この期間も気温は平年並みか高く、強い寒の戻りはなさそうです。朝の冷え込みも弱いため、九州から関東では春物の衣類の出番が増えるでしょう。