メイン画像

明日23日(土)と24日(日)は、西日本や東日本を中心に大気の状態が不安定になるでしょう。局地的にカミナリを伴った激しい雨が降りますので、土砂災害や低い土地の浸水などに警戒が必要です。風が強まり、荒れた天気になる所もあるでしょう。

明日23日(土) 東北付近を低気圧が通過 雨や雪の降り方が強まる

画像A

23日(土)は、低気圧が東北付近を通過する見込みです。低気圧に向かって、暖かく湿った空気が流れ込むため、九州から関東甲信の広い範囲で大気の状態が不安定となるでしょう。

九州から近畿は断続的に雨で、夜になると九州では局地的にはカミナリを伴って激しく降りそうです。東海や北陸では昼過ぎにかけて雨が降り、一時的に降り方が強まる所があるでしょう。関東甲信や東北は、日中を中心に雨が降りそうです。標高の高い所を中心に雪が降り、降り方が強まる所もあるでしょう。北海道は、おおむね晴れそうです。

低気圧の通過する際は風が強まり、横なぐりの雨になる所があるでしょう。見通しが悪くなりますので、お出かけを予定されている方は十分ご注意ください。

24日(日) 西から前線が近づく 西日本を中心に大雨の所も

画像B

明後日24日(日)は前線が西から延び、西日本付近に停滞する見込みです。

九州から近畿は断続的に雨で、東海や関東甲信、北陸も午後を中心に雨が降りそうです。前線に向かって、雨雲のもとになる暖かく湿った空気が次々に流れ込むため、活発な雨雲やカミナリ雲が発達しやすいでしょう。局地的には滝のような非常に激しい雨が降り、総雨量が多くなる所がありそうです。土砂災害や低い土地の浸水などに警戒してください。前線に近い西日本を中心に風が強まり、荒れた天気になるでしょう。

西日本や東日本の積雪の多い地域では、24 日にかけてなだれに注意が必要です。

非常に激しい雨

画像C

暖かくなることで心配されるのが、融雪による災害です。積雪が多く残る所では、気温の上昇や雨により雪解けが進むことで、次の3つの災害が発生する恐れがあります。

① 雪解けによって「全層なだれ」が発生しやすくなります。山に積もった雪が全て滑り落ちる現象で、気温の上昇や雨の後などに多く発生します。過去になだれが発生した斜面や積雪に亀裂が入っている所では、特に注意が必要です。

② 雪解けにより大量の水分が地面に浸み込むことで地盤が緩み、「土砂災害」が発生することがあります。山間部や急な傾斜地では、特に注意が必要です。

③ 雪が多く積もった道路で、気温が上昇したり、雨が降ったりすると、「冠水」のおそれがあります。路肩に集められた雪によって排水が悪くなったり、雪の塊が排水溝を塞いだりしてしまうことがあるためです。大雪のあとの雨は、たとえ大雨でなくても、道路の冠水に十分ご注意ください。

前線が停滞しやすい

画像D

季節の分かれ目です。この先は本州付近に前線が停滞しやすいでしょう。

暖かい空気と冷たい空気の勢力がぶつかり合うことによって停滞前線が発生し、その周辺では雨が降ります。春の長雨の時期や梅雨時期、秋の長雨のころに現れやすく、それぞれ春雨前線、梅雨前線、秋雨前線と呼びます。
ぐずついた天気が続き、大気状態が不安定になりやすく、ときとして発達した雲が発生して大雨をもたらします。
日々の天気をチェックしながら、雨の降り方に十分ご注意ください。