メイン画像

向こう1か月の北海道は、暖かい空気に覆われやすいため、気温は平年より高いでしょう。特に、期間の前半は、気温がかなり高くなる可能性があります。降水量と日照時間はともに、ほぼ平年並みの見込みです。21日午後3時現在、日本海側やオホーツク海側を中心に積雪が平年より多い所があり、札幌は67センチで平年の約1.4倍です。しかし、この先は、気温が高めの日が多い見込みとなっており、雪解けは急速に進みそうです。山間部や傾斜地でのなだれ、屋根からの落雪、泥ハネ運転などに注意が必要となります。

1週目:3月23日~3月29日 季節先取りの暖かさとなる日も

画像A

日本海側では、天気は数日の周期で変わりますが、低気圧の影響を受けにくいため、平年に比べて曇りや雨または雪の日が少ないでしょう。太平洋側とオホーツク海側も天気は数日の周期で変わり、平年と同様に晴れる日が多い見込みです。気温は平年並みか高いでしょう。なお、3月28日頃から約5日間は平年よりかなり高くなる可能性があります。積雪の多い地域では、なだれに注意が必要となります。

2週目:3月30日~4月5日 雨が降ることも 急な雪解けで注意することは?!

画像B

日本海側では、天気は数日の周期で変わりますが、低気圧や気圧の谷がたびたび北海道付近を通過するため、平年より雨や雪の日が多くなりそうです。太平洋側やオホーツク海側では平年と同様に晴れる日が多い見込みです。気温は平年より高いため、天気が崩れる際に雪ではなく、雨で降ることもあります。そのため、雪解けが急速に進む見込みです。積雪の多い地域では、屋根からの落雪、山間部や傾斜地でのなだれ、道路の冠水、河川の増水等に注意が必要となります。

3~4週目:4月6日~4月19日 いよいよヒバリの季節 一気に春めく

画像C

日本海側では、数日の周期で晴れたり、雨や雪が降ったりするでしょう。太平洋側やオホーツク海側では平年と同様に晴れる日が多い見込みです。さて、気象台では2020年までヒバリの初鳴の観測を行っていました。その時の平年値(1991~2020年の平均値)では、ヒバリの鳴き声が聞かれるようになる頃となります。気温は平年並みか高く、周囲の風景も一気に春めいてきそうです。