天皇陛下のお誕生日の一般参賀でのお手ふり。初々しさと気品が=2024年2月23日 (映像写真部・松永卓也)

20日、天皇、皇后両陛下の長女・愛子さまは学習院大学の卒業式に出席される。2006年(平成18年)4月11日、学習院幼稚園入園から18年間になる学習院での生活を終える。天皇陛下の言葉から振り返ると、愛子さまがのびやかに成長されていく様子がうかがえる。

【写真】雅子さまと愛子さま、気品ある立ち姿が全く同じだった瞬間はこちら!

*   *   *

 学習院初等科から中等科に進まれ、縄跳びに水泳、チェロにバスケットボール、スキーとスーパーアクティブな日々を送って来た愛子さま。

 2017年(平成29年)4月、学習院女子高等科に入学してからは、海外への興味が増したようだ。天皇陛下はこうコメントされている。

「関心もいろいろな方向に広がってきているようで,勉強面でもスポーツの面でも,また,社会に対しても,幅広く関心を示しています。

 また,外国からのお客様が東宮御所にいらした時には,愛子も少しずつ英語でのお話に加わる機会が増えており,海外に対する関心も膨らませています」(平成30年皇太子殿下お誕生日に際してのコメント)

高校2年生で英国へ

 高等科2年生のときに学習院女子高等科の海外研修プログラムでイギリスに短期留学をされた。天皇陛下はこう振り返っている。

「英国イートン・カレッジでのサマースクールや秋の関西地方への修学旅行などを経て,一段と成長を遂げたように感じております。青春期には誰しもが経験するように,こうした得難い経験を通じて,自分の世界が大きく広がったものと思います」(平成31年皇太子殿下お誕生日に際してのコメント)

次のページ
天皇陛下と同じ文学部へ