メイン画像

今日17日(日)は、全国の広い範囲で雨や雪が降りますが、特に北海道と九州では大気の状態が不安定になるでしょう。雷を伴った雨や雪が降り、北海道では吹雪く所もありそうです。交通機関の乱れや土砂災害に注意が必要です。

大気の状態が不安定

画像A

今日17日(日)は、日本海北部から近づいてくる低気圧と気圧の谷や湿った空気の影響で、全国の広い範囲で天気が崩れるでしょう。午前10時現在、西日本や北日本の日本海側を中心に雨や雪が降っています。このあと雨や雪の範囲が広がり、関東や北日本の太平洋側以外で雨や雪の降る所が多くなるでしょう。

特に、九州南部と北海道では大気の状態が不安定になるでしょう。九州南部ではすでに発達した雲がかかっていますが、夕方ごろにかけて、雷雨や傘をさしていても濡れるくらいの激しい雨が降ることもありそうです。低い土地への浸水や土砂災害に注意が必要です。また、北海道では夕方ごろから雪が強まるでしょう。風も強く吹き、吹雪く所もありそうです。車の運転などに注意が必要です。

最新の情報 どこを見たら 何がわかる?

画像B

最新の「気象情報」を入手するには、テレビやラジオなどの方法もありますが、インターネットで確認する場合、おすすめのチェックポイントが3つあります。

①雨雲レーダーをチェックしましょう。「今、どこで雨雲が発達しているのか」という実況だけでなく、「この後、雨雲がどこへ進むのか」という予想もわかります。自分のいる付近を拡大すれば、より詳しく知ることができます。
②雷レーダーをチェックしましょう。雨雲レーダーと同じように使えます。また、雷が予想されている所では、落雷だけでなく、竜巻などの突風の可能性も高まっていて、ひょうにも注意が必要です。
③注意報・警報をチェックしましょう。発表されている注意報・警報の種類によって、どんな現象に注意・警戒しなければならないか、わかります。注意警戒事項には、いつまで注意・警戒すべきか、ということも書いてあります。