メイン画像

東海地方は、この土日は冬のような寒さで、岐阜県山間部はまとまった雪となるでしょう。来週は春本番の暖かさとなり、桜のつぼみもぐんぐん膨らみそうです。スギ花粉のピークも続いています。寒暖差とスギ花粉に引き続き注意してください。

土日の天気は?

画像A

日本付近は西高東低の気圧配置となり、東海地方の上空には徐々に寒気が流れ込んでいます。明日9日にかけて西高東低の気圧配置が続き、平地で雪を降らせるようなこの時期としては強い寒気が、東海地方を覆う見込みです。

【9日(土)】
一時的ではありますが、冬のような天気分布となり、風が冷たく厳しい寒さとなりそうです。岐阜県山間部は雪が降りやすく、明日9日をピークに積雪の急増する所があるでしょう。太平洋側の地域は大体晴れますが、時々雲が流れ込み、にわか雪やにわか雨の降る所がある見込みです。名古屋市など平野部で積雪の可能性は小さいでしょう。

【10日(日)】
岐阜県山間部は、引き続き雪の降る所がありますが、寒気のピークは抜けるため土曜ほど積もらない見込みです。太平洋側の地域は、安定して晴れる所が多いでしょう。

土日ともに平年を下回り、3月としては寒くなるため、暖かくしてお過ごしください。
スギ花粉のピークも続いています。万全な対策を心がけてください。

東海地方 桜開花はいつ頃?

画像B

日本気象協会が発表した2024年の第3回桜開花予想によりますと、今年2024年の桜の開花は各地で平年より早い予想です。

名古屋市:3月21日(平年3月24日)
静岡市:3月22日(平年3月24日)
岐阜市:3月21日(平年3月25日)
津市:3月24日(平年3月29日)

この先、3月中旬から下旬にかけての気温は、平年より高くなる所が多くなる見込みです。このため、桜のつぼみは順調に生長し、開花・満開ともに、東海地方を含め全国的に平年より早くなる予想です。

桜開花の最早は3月の気温高め

画像C

名古屋で最も早い開花となった2023年の平均気温推移(12月~3月)は、3月が平年を大きく上回る結果となっています。また、最も遅い開花となった1984年は、平年を大きく下回る期間が続きました。
今年2024年の平均気温推移は、12月から2月にかけては平年を少し上回る程度で推移しています。来週は春本番の暖かさとなる日が多く、気温がぐんと上がれば桜のつぼみも順調に膨らみそうです。

桜開花は平年より早い年が続いている

画像D

今年も平年よりも早い開花が予想されますが、2018年以降、平年よりも早い開花の年が続いています。開花してから一週間から10日程度で満開を迎えます。開花が早くなれば満開も早まるため、今年もお花見の計画は早めの方がよさそうです。東海地方の桜開花・満開情報 2024を参考に、見頃を逃さないようお楽しみください。