メイン画像

2日(土)は冬型の気圧配置が強まり、日本海側は広く雪が降るでしょう。大雪や猛吹雪の恐れがあります。太平洋側も北風が吹き付け、真冬並みの寒さになるでしょう。5日(火)から6日(水)は南岸低気圧の影響で太平洋側を中心に雨や風が強まりそうです。

2日(土)は強い寒気 日本海側は大雪や猛吹雪の恐れ 真冬並みの寒さ

画像A

2日(土)は冬型の気圧配置で、強い寒気が流れ込むでしょう。北海道と本州の日本海側は雪が降り、山沿いを中心に大雪となる所があり、平地でも積雪となりそうです。風も強く、北海道では猛吹雪となる恐れがあります。瞬間的には35m/sの道路標識が傾くほどの暴風が吹き荒れそうです。猛吹雪や吹きだまりによる交通障害に警戒が必要です。太平洋側は晴れ間のでる所が多いですが、冷たい北風が吹き付けるでしょう。

最高気温は真冬並みの所が多くなりそうです。北海道は真冬日(最高気温0℃未満)、東北から九州は10℃に届かない所が多いでしょう。厳しい寒さとなりますので、しっかりと寒さ対策をなさってください。

5日(火)~6日(水)は荒天の恐れ

画像B

その後も天気は短い周期で変わりそうです。

5日(火)から6日(水)は前線が本州の南岸沿いに延び、前線上を低気圧が進むでしょう。前線や低気圧に向かって、雨雲のもととなる暖かく湿った空気が流れ込みそうです。太平洋側を中心に雨が強まり、降水量が多くなる恐れがあります。また、沿岸部を中心に風も強まり、荒れた天気となる可能性もあります。東北は湿った雪となるでしょう。

最高気温は5日(火)から7日(木)頃は平年より低い所が多く、関東は10℃以下となりそうです。

北海道~北陸は度々雪や雨 関東~九州は晴れる日が多い

画像C

9日(土)以降も北海道から北陸は雲が多く、日本海側を中心に雪や雨の降る日が多いでしょう。関東から九州は晴れる日が多いですが、13日(水)頃は広く雨が降りそうです。

9日(土)以降の最高気温は平年並みの日が多いでしょう。晴れる日には春の柔らかな日差しが心地よく感じられそうです。ただ、花粉が飛びますので、花粉症の方は対策をなさってください。