メイン画像

29日(木)から3月1日(金)は南岸低気圧の影響で、九州から東北にかけて広く天気が崩れるでしょう。雨の降る所が多いですが、関東甲信の山沿いや東北では湿った雪が降りそうです。関東の内陸部でも雪のまじる所があるでしょう。沿岸部では風も強まりそうです。

29日(木)~3月1日(金) 雨や風が強まる

画像A

29日(木)から3月1日(金)にかけて、本州の南岸を低気圧が発達しながら進むでしょう。

29日(木)は西から天気が下り坂です。午前中に九州や中国、四国で雨が降りだし、午後には雨の範囲が近畿や東海にも広がるでしょう。活発な雨雲がかかり、雨脚が強まる所もありそうです。夜は関東や北陸にも雨雲がかかるでしょう。

画像B

3月1日(金)は九州や中国、四国は次第に雨はやみますが、東海や関東、北陸は午前中を中心に雨が降りそうです。雨脚が強まったり、横殴りの雨となったりする所もあるでしょう。

時に関東甲信に雪をもたらす南岸低気圧ですが、今のところ、3月1日(金)は東京都心など沿岸部では雨として降る所が多い予想です。関東甲信の山沿いでは雪が降り、内陸部では雪のまじる所もありそうです。また、東北の沿岸部は雨の所が多いですが、内陸部では湿った雪が降るでしょう。今日ほどではないものの、沿岸部を中心に風も強まりますので、注意が必要です。

南岸低気圧による雪は低気圧の発達具合や進路、少しの気温の変化で雪のエリアが大きく変わる可能性があります。最新の情報にご注意ください。