メイン画像

明日21日~22日にかけては、広く雨が降るでしょう。今日20日は晴れて初夏の陽気となった関東も広く雨で、午後は本降りの雨になりそうです。北陸など警報級の大雨となる恐れがあり、東北では湿った大雪となり、交通に影響が出る恐れがあります。冷たい雨や雪で、真冬の寒さに。

明日21日「警報級大雨」も 関東も本降りの雨・真冬の寒さ

画像A

今日20日は日が差した太平洋側を中心に気温が上がりました。特に関東や東海では5月中旬から下旬並みの気温となり、群馬県高崎市上里見町で25.7℃まで上がり本州で今年初めての夏日を記録。ただ、明日21日は、天気も気温もガラッと変わり、広い範囲で冷たい雨が降るでしょう。

天気は下り坂で、今夜から雨の範囲が広がる見込みです。
明日は、九州から関東は雨が降ったりやんだりで、特に九州では、雷を伴って激しく雨の降る所があるでしょう。この時期としては大雨となる恐れがあります。落雷や竜巻などの激しい突風にもご注意ください。東海や関東でも午後は次第に雨が強まるでしょう。静岡県を中心にまとまった雨となる恐れがあり、山沿いを中心に大雨災害にご注意ください。

北陸も断続的に雨が降り、能登では、明日夜のはじめ頃から、雨が強まる恐れがあります。地震で地盤が緩んでいるため、少しの雨でも土砂災害に注意、警戒してください。

東北で「警報級大雪」の恐れ 交通影響など注意

画像B

東北や北陸では、北から寒気が南下するため、明日21日から次第に雪のエリアが広がる見込みです。
明日21日夜から、東北では平地でもまとまった雪となり、仙台市など市街地でも5センチから10センチの積雪となる可能性があります。福島県では明日夜から雪が強まり、予想以上に雪が降ると、22日は中通り・浜通りでは「警報級大雪」となる恐れがあります。交通に影響が出る恐れもありますので、十分ご注意ください。

来週にかけて前線停滞 冬の寒さ続く

画像C

この先の週間天気図を見ると、来週にかけて、本州の南に前線が停滞しやすくなる見込みです。
雨や曇りのぐずついた天気となり、場所によっては雨量も増える見込みです。23日から3連休という方も多いと思いますが、23日は関東に大雪をもたらす「南岸低気圧」の影響で、関東の内陸部では雪のまじる可能性があります。今後の情報にはご注意ください。

また寒気も南下したままで厳しい寒さの日が続くでしょう。今日20日の気温が高かった関東では、明日21日は「15℃前後も」気温が下がり、急すぎる寒さが体に堪えそうです。寒暖差に十分ご注意ください。

詳しくはtenki.jp2週間天気をご覧ください。