メイン画像

明日20日(火)は、日中は雨のやみ間があるため、九州から関東、東北で花粉の飛ぶ量が「やや多い」所があるでしょう。外出時の花粉対策としてはマスクのほか、メガネを使用すると、眼から入る花粉を防ぐ効果が期待できます。

関東などで「やや多い」予想

画像A

明日20日(火)は天気予報で雨マークの所も油断できません。九州から関東、東北では花粉の飛ぶ量が「やや多い」所がありそうです。
雨は朝晩が中心で、日中は雨のやみ間が長くなるでしょう。また、気温は平年より高く、日中に日の差す所では20℃を超える所もありそうです。

明後日以降は雨や雪が続き、「少ない」予想のエリアが多いですが、九州は23日(金)にかけて「やや多い」でしょう。24日(土)と25日(日)には中国地方でも「やや多い」予想となり、九州では「多い」と飛散量が急に増える可能性があります。

外出時の花粉対策

画像B

花粉症の症状を緩和させるには、できるだけ花粉を避けることが大切です。以下のように、メガネを使用すると、眼から入る花粉を防ぐ効果が期待できます。

① メガネは、できればゴーグルタイプのもの(防御カバー付きメガネ)がおすすめですが、通常のメガネを付けるだけでも、花粉対策になります。

② メガネを使用しない場合に比べて、通常のメガネを使用しただけでも、眼に入る花粉量はおよそ40%減少し、防御カバーのついた花粉症用のメガネではおよそ65%も減少するという実験結果があります。

③ コンタクトレンズを使用している方は、刺激を少なくするために、花粉の時期にはメガネに替えた方が良いと考えられています。