メイン画像

明日20日の服装選びは慎重に。午前中は暖かい空気が優勢。東京都心をはじめ、気温が20℃を超える所も。北から寒気が流れ込み、夜の帰宅時間帯は、全国的に朝より気温が低くなりそう。

冬の空気と春の空気のせめぎあい

画像A

明日20日(火)は、前線がゆっくりと南へ下がります。前線の北側には冬の冷たい空気。一方、南側には春の暖かい空気。
午前中は暖かい空気が優勢ですが、午後は北の地域から次第に冷たい空気に入れ替わるでしょう。

朝晩を中心に雨 北海道~北陸は気温が下がり続ける 関東以西も夜はヒンヤリ

画像B

北海道は日本海側を中心に冷たい雨や雪。夜はふぶく所もあります。東北は夜遅くなると所々で湿った雪や雨が降るでしょう。北陸や関東から九州は雲の間から日の差すこともありますが、朝晩は多くの所で雨が降りそうです。

注意が必要なのは、気温の変化です。
北海道や東北、北陸は、トップの画像の「仙台」と同様、最高気温が出るのが「明け方~朝」の所が多くなるでしょう。日中から夜にかけて、気温が下がる一方となりそうです。
関東から九州にかけては、昼前にかけて気温が上がります。最高気温は広く15℃以上で、東京都心をはじめ、太平洋側の地域では20℃を超えるでしょう。季節先取りの暖かさで、上着いらずの所もありそうです。ただ、午後3時頃からは急にヒンヤリしてきて、夜は朝と比べて気温が低くなるでしょう。
お出かけの時間帯に、暖かいと感じても、夜は冷えます。マフラーなどの小物や、重ね着のできる物を持っておくと良さそうです。

なお、21日(水)から今月の終わりにかけて、全国的に気温が平年並みか低くなり、真冬の寒さが戻る日もあるでしょう。体調を崩さないよう、十分お気を付けください。