ケニア大統領夫妻との午餐に臨む愛子さま。後ろにつけられた「ふんわり」リボンのお帽子がよくお似合い=2月9日、皇居・宮殿

 皇后雅子さまが、着物をお召しになる機会が増えてきた。9日にあったケニア大統領夫妻との会見と午餐では、お召しになっていた優美な友禅染の訪問着が、大統領夫人の淡いレースのドレスと優しく調和していた。愛子さまも淡い色の装いだったが、こちらは洋装だった。海外の賓客らを接遇する場面では、どんな「ドレスコード」があるのだろうか。

【写真】思わず見とれてしまう!愛子さまや雅子さまのティアラとドレス

*   *   *

 ケニア大統領夫妻との会見と午餐に際して雅子さまがお召しだったのは、柔らかな雰囲気の友禅染。末広がりで繁栄を表す扇の文様、扇面(せんめん)には吉祥文様の桐や笹、そして神の使いとも言われる鷺が優美に描かれていた。

 令和に入り両陛下は、海外からの賓客を接遇する場で、「和」のおもてなしをする機会を増やしている。これまでフランス料理のコースであった午餐(昼食会)にも、和食や日本酒、グラスも江戸切子を用いるなど、令和流の色が見えてきた。

 雅子さまが和装をお召しの機会が増えているのも、そのひとつだろう。
 

会見と午餐を終え、ケニア大統領夫妻を見送る両陛下。雅子さまは、淡い色の訪問着に吉祥柄を金箔であしらった友禅染の訪問着をお召し=2月、皇居・宮殿

 昭和の時代から皇室に着物をつくり、納めてきた「染の聚楽」代表の高橋泰三さんは、天皇陛下とともに主催者である雅子さまは指輪などのアクセサリーをつけず、着物が引き立つような着こなしをされていると話す。

「訪問着には、金箔が華美過ぎず上品にあしらわれています。松に吉祥柄を金箔でかさね、有職文様の菱格子の柄に用いた金箔が、柔らかな印象を与えています」

 雅子さまは、帯にも松の文様をお選びだ。白地に松菱を縦に織り上げた袋帯だという。

 極寒の雪のなかでも瑞々しい緑をみせる松は、生命力や長寿の象徴。寒い季節に、アフリカから来日した大統領夫妻への祝福のメッセージでもあり、本格始動する令和皇室を表すような印象だ。
 

次のページ
ゲストが喜ぶ着物