メイン画像

今日15日は夕方から深夜にかけて、月と木星が接近。観察できる所は?

月と木星が接近

今日15日は、夕方から深夜にかけて、南西から西の空で、月と木星が接近します。日が暮れてまだ間もない宵の頃には、南西の空高くに、月齢5から6の上弦前のやや細めの月と、マイナス2.3等級で輝く木星がバランスよく並びます。

東京の日の入りは17時22分です。木星は日付が替わる前には沈みますが、深夜にかけて、月と木星のコラボレーションが楽しめるでしょう。

観察できる所は?

画像B

今日15日の夜は、低気圧や前線の影響で、雨や雪の降る所が多いため、観察できる所は限定的になりそうです。

東北南部の太平洋側や関東の一部、九州南部の沿岸部や南西諸島では、南西から西の空を見上げると、月に寄り添う木星の様子が楽しめるでしょう。

次回の月と木星の接近の様子が見られるのは3月14日のホワイトデーです。今回観察が難しい所では、ぜひ次回のチャンスを楽しみに待ちましょう。