メイン画像

今日1日は春の陽気となった関東や東海も、明日2日は一気に気温ダウン。全国的に真冬の寒さに。土日はいったん寒さが和らぎますが、週明けは「南岸低気圧」の影響で、九州から東北まで広く冷たい雨に。関東甲信の内陸部や東北では雪の可能性も。寒暖差が一層激しい1週間に。

明日2日 厳しい寒さが戻る

画像A

今日1日(木)は、北日本を中心に強い冬型の気圧配置となりましたが、明日2日(金)は、冬型の気圧配置は次第に緩むでしょう。冷たい風は次第におさまりますが、上空に寒気が流れ込んで、冷たい空気に覆われる見込みです。

北海道や東北の猛吹雪や暴風は明日2日明け方にかけてがピークとなるでしょう。明日2日(金)の日中は、北海道や東北の日本海側を中心に断続的に雪が続きますが、今日1日のような強い風は次第におさまりそうです。
関東から西は太平洋側を中心によく晴れるでしょう。北陸も雨や雪はおさまり、日が差す時間もありそうです。

今日1日(木)は季節外れの暖かさとなった関東や東海も、明日2日(金)は一気に気温が下がります。全国的に寒中らしい寒さや、寒中の平年を下回る厳しい寒さとなるでしょう。
最高気温は、東京都心は今日より8℃低い8℃、静岡市では10℃低い12℃と急降下します。今夜から冷たい空気に入れ替わってきますので、暖かくしてお過ごしください。

5日~6日 南岸低気圧で広く冷たい雨や雪

画像B

土日は、太平洋側に前線が停滞し、西日本を中心に雨の降る所が多くなるでしょう。関東は3日(土)は晴れますが、4日(日)は雲が広がりそうです。

この先、北日本は弱い西高東低の気圧配置となるでしょう。日本海側では、雪の降り方は落ち着き、日差しもありそうです。地震の被災地では雪が降ったりやんだりで、湿った重たい雪の降る日があるでしょう。地震の揺れの大きかった地域では、引き続き、土砂災害や家屋の倒壊などに、十分な注意が必要です。

5日(月)から6日(火)にかけて、本州の南を「南岸低気圧」が進む見込みです。週明けは九州から関東、東北にかけて、広く冷たい雨や雪が降るでしょう。

5日夜~関東甲信の内陸部や東北でまとまった雪か

画像C

5日(月)は昼ごろには関東甲信に雨雲や雪雲がかかり始めるでしょう。甲信の山沿いや関東の内陸部では、降り始めから雪になる所もありそうです。
東京都心など、関東の平野部では、この時期としてはまとまった雨になるでしょう。平野部では雨の可能性が高いものの、予想よりも気温が下がり、雪として降る場合には、まとまった量になることも考えられるため、注意が必要です。直前まで最新情報にご注意ください。

東北は6日(火)にかけて、湿った雪の続く所があり、平地でも積雪が増える可能性があります。まだ予報が定まっていないため、こまめに最新情報をご確認ください。

冷たい雨で気温は上がらず、5日(月)の予想最高気温は東京都心で5℃とこの冬一番の寒さになるでしょう。寒暖差がかなり激しくなりますので、体調管理にご注意ください。