料理家・食育インストラクターの和田明日香さん(撮影/写真部・高橋奈緒)
料理家・食育インストラクターの和田明日香さん(撮影/写真部・高橋奈緒)

 30日放送、家事初心者のバカリズム・中丸雄一・カズレーザーの3人が家事をゼロから学ぶドキュメントバラエティー「家事ヤロウ!!!」(テレビ朝日・毎週火曜午後7時)の人気企画「和田明日香VS炊飯器」のお題は大根1本使い切りレシピ。人気料理家・和田明日香さんの過去の記事を振り返る。(「AERA dot.」2022年1月10日配信の記事を再編集したものです。本文中の年齢等は配信当時)

【写真】若々しい義母・平野レミさんはこちら!

*  *  *

 どのレシピも「かんたんに作れておいしい!」「子どももよく食べる」と、ママたちに大人気。さまざまなメディアで活躍中の料理家、和田明日香さんは、実は結婚するまで「まったくの料理オンチ」だったそう。料理の道に進んだ経緯や3人の子どもたち、そして義母の料理愛好家、平野レミさんとの日常を「AERA with Kids冬号」でうかがいました。

 小学校から高校まで女子校でした。よく「意外」と言われるのですが、実は私、スポーツが苦手で、運動よりも教室で友達とワイワイおしゃべり派。小学6年生のときです。少しぽっちゃりした自分の体形が気になり始め「これは運動しないとまずい!」と、中学校では当時いちばん厳しいといわれていたハンドボール部に入部しました。練習のおかげで、体形もスッキリ(笑)。

 部活は中学2年生まで続けて、3年生で生徒会長に立候補したんです。一貫校なので、高校と連携して生徒会活動を行うのですが、高校生の先輩たちの仕事ぶりに憧れて……。結局、高校でも生徒会長を務めました。

 この時代の友達は、私のことを家族よりもわかってくれている人たち。今も悩みや迷いがあると相談して、前に進んでいます。一生つきあえる大切な友達に囲まれて、料理好きの両親が作ってくれるおいしいご飯をたくさん食べて、幸せな小・中・高時代でした。

 大学では、2年生からMTVジャパンのインターンに採用していただき、アーティストのブッキングやアテンド、イベントの企画などを行う部署に配属されました。かっこいいミュージックビデオや毎年行われる華やかなアワードなど、中学生の頃から憧れだった世界。毎日が楽しくて、もしかすると大学にいるよりも長い時間をMTVジャパンで過ごしていたのでは?と思うくらい一生懸命に働きました。

 このインターン活動がきっかけで音楽関係の会社に就職が決まったんです。ここまで、私の中で「料理を作る」という選択肢はまったくありませんでした。食べることは大好きだけど、料理は「人さまが作ってくれるもの」だったのです(笑)。

次のページ
最初は自信がなかった