メイン画像

この先、24日(水)頃をピークに、日本付近の上空には今季最強クラスの非常に強い寒気が流れ込む見込みです。日本海側では断続的に雪が降り、大雪となる所があるでしょう。雪雲は太平洋側の地域にも流れ込み、積雪となる恐れがあります。これから各地で降る雪の量や、大雪への警戒期間などをまとめました。

年に一度レベルの非常に強い寒気

明日23日(火)の夜から24日(水)にかけて、日本付近は冬型の気圧配置が強まり、上空約5,500メートルには非常に強い寒気が流れ込むでしょう。大雪の目安となるマイナス36℃以下の寒気は、東海や近畿、山陰まで南下し、石川県輪島市の上空にはさらに強いマイナス40℃以下の寒気が流れ込む見込みです。これは年に一度レベルの寒気で、雪雲の発達に大きく関係します。

広い範囲で警報級大雪の恐れ

画像B

赤色で示される地域は期間内に大雪警報が発表される可能性が高く、オレンジ色の地域は雪の降り方が予想より強まった場合に大雪警報発表の可能性がある地域を表しています。ご覧のように、広い範囲で警報級の大雪となる恐れがあります。上空の寒気が非常に強いため、雪雲が発達し、同じような場所で一気に雪が降り積もる恐れがあります。

1メートル以上の雪が降る所も 局地的にドカ雪の恐れ

画像C

これから25日(木)にかけて、24時間ごとに降る雪の量は、いずれも多い所で以下の通りです。
<22日(月)18時~23日(火)18時>
・北海道 50センチ
・北陸 40センチ
・中国 25センチ
・東北、東海 20センチ
・近畿 15センチ
・九州北部 10センチ
・四国 5センチ
・九州南部 3センチ

<23日(火)18時~24日(水)18時>
・北陸 70~100センチ
・東北、東海 60~80センチ
・近畿、中国 50~70センチ
・関東甲信 40~60センチ
・北海道 30~50センチ
・四国、九州北部、九州南部 10~20センチ

<24日(水)18時~25日(木)18時>
・北陸 70~100センチ
・東北 60~80センチ
・近畿 50~70センチ
・東海、中国 40~60センチ
・北海道、関東甲信 30~50センチ
・九州北部 5~10センチ

また、強い風や雪で見通しが悪化する可能性があり、北海道や東北、九州北部では暴風を伴う恐れもあります。こまめに最新の気象情報を確認するとともに、不要な外出は避けるなど、出来るだけ安全にお過ごしください。

なお、23日(火)から25日(木)頃にかけて、北日本や北陸地方では、大しけとなる所があるでしょう。
23日(火)に予想される波の高さは、
・北海道 6メートル
・東北、北陸 5メートル

24日(水)に予想される波の高さは、
・北海道、東北、北陸 6メートル
です。

対象となる地域では、高波にも警戒・注意が必要です。

除雪・防寒グッズの用意

画像D

積雪が予想される場合には、以下のような除雪・防寒グッズを早めに用意しましょう。

① 融雪剤やスコップなど除雪用具の確認をしてください。直前に準備しようとすると、手に入らないこともあります。
② 電気やガスの暖房が使えなくなる可能性があります。カイロや湯たんぽ、灯油ストーブなど防寒グッズを用意しておきましょう。
③ 停電時にも情報が得られるように、電池式のラジオやモバイルバッテリーなどがあると安心です。
④ 低温で水道が凍結するおそれもあります。水道の凍結対策や飲料水の備蓄、生活用水用に浴槽に水をためておきましょう。

グッズの使用期限や消費期限は定期的に確認し、積雪に備えるようにしてください。