メイン画像

今朝は北陸周辺で雷を観測しています。北陸では今日12日は大気の状態が不安定で、能登地方など被災地でも急に雨が強まったり、落雷や突風が発生する恐れがあります。

今朝は北陸周辺で雷を観測 被災地で大気の状態が不安定に

画像A

今朝は北陸周辺で大気の状態が不安定になっています。あちらこちらに雨雲がかかり、雷の鳴っている所があります。

今日12日の日中も、前線や湿った空気の影響で、大気の不安定な状態が続く見込みです。能登地方など被災地周辺でも局地的に雨雲が発達して、1時間に10ミリ程度のやや強い雨が予想されます。雷や突風を伴う所もあるでしょう。

少しの雨でもがけ崩れや山崩れが発生したり、土砂でせき止められた川の水があふれる危険性があります。突風によってがれきが飛ばされる恐れもあるため、十分な注意が必要です。

明日13日は本格的な雪に

画像B

明日13日は冬型の気圧配置が強まるため、北陸では広い範囲で雪が降るでしょう。山沿いでは大雪となる所もありそうです。能登地方など被災地でも朝から断続的に雪が降り、日中は降り方が強まる所があるでしょう。

積雪が増えると雪の重みで傷んだ家屋が倒壊する恐れがあります。また、路面の状況が確認できずに道路のひび割れなどに気づけないこともあります。車の運転などは危険伴うため、家の様子を見に行くなどの外出は極力控えてください。