熱唱する沢田研二さん
この記事の写真をすべて見る

 最近、前にも増してジュリーこと沢田研二の人気が沸騰している。

【写真】すごい…やはりライブのジュリーは「別格」

 昨年、さいたまスーパーアリーナライブを超満員で成功させ、2018年“ドタキャン騒動”以来の宿願を果たした。また折からの昭和歌謡ブームで若者からも熱い視線を浴びている。年明け1月4日に放送された「沢田研二 華麗なる世界 永久保存必至!ヒット曲大全集」(BS-TBS)ではTBSが持つ「輝く!日本レコード大賞」「ザ・ベストテン」などのアーカイブから「勝手にしやがれ」「サムライ」「ダーリング」など全盛期の歌唱映像が紹介され話題になった。さらに1月12日からは東京・大阪・名古屋の計4カ所で恒例の正月ライブを控えている。

 ところが、ここになって彼を支えるファンが思わぬ余波を受けている。各地のライブ会場でチケットが発売後、即完売。チケットの入手が難しくなり、昔からのファンでさえなかなかライブに参加できないという現象が起こっているのだ。現在の状況について長年のファンで『沢田研二大研究』(青弓社)の著書を持つ國府田公子さんに聞いた。

「以前はファンクラブが一定数のチケットを公平に配分していたのですが、コロナ禍のさ中、2020年末に解散。一般のプレイガイドのみで販売されるようになってから、チケットは本当に入手困難になりました」

 近年、ジュリーの注目度が高まっていることもあるが、相当数のチケットが転売目的で業者に買われている疑いがあるという。正月ライブのプロモーターは実態を把握すべく、調査をしているようだ。

著者プロフィールを見る
中将タカノリ

中将タカノリ

シンガーソングライター・音楽評論家。2005年、加賀テツヤ(ザ・リンド&リンダース)の薦めで芸能活動をスタート。昭和歌謡、アメリカンポップスをフィーチャーした音楽性が注目され、楽曲提供も多数手がける。代表曲に「雨にうたれて」など。2012年からは音楽評論家としても活動。数々のメディアに寄稿、出演し、近年の昭和歌謡ブーム、平成J-POPブームに寄与している。2023年5月10日にキングレコードから橋本菜津美とのデュエットシングル「夜間飛行~星に抱かれて~」リリース。

中将タカノリの記事一覧はこちら
暮らしとモノ班 for promotion
防犯・災害対策の準備はいかが?最大50%オフのAmazonの安全・セキュリティグッズ売れ筋ランキング
次のページ
最近、会場の席が不自然に空いているのは…