メイン画像

今朝(10日)4時2分頃、能登半島沖を震源とする地震が発生し、石川県志賀町で最大震度3を観測しました。昨日(9日)も新潟県長岡市で最大震度5弱の地震を観測しており、一連の令和6年能登半島地震で、今日(10日)10時までに最大震度5弱以上の地震は16回観測されています。

令和6年能登半島地震 元日から最大震度5弱以上は16回

画像A

1月1日16時10分頃に石川県能登地方を震源とするマグニチュード7.6の地震が発生し、石川県志賀町で最大震度7を観測しました。最大震度7を観測する直前の16時06分頃にも石川県能登地方を震源とするマグニチュード5.7の地震が発生し、石川県珠洲市では最大震度5強を観測しました。その後も、石川県を中心に最大震度3以上の地震が相次いで発生しています。

昨日(9日)17時59分頃に佐渡付近を震源とするマグニチュード6.0の地震が発生し、新潟県長岡市で最大震度5弱を観測しました。また、今朝(10日)4時2分頃には能登半島沖を震源とするマグニチュード2.6の地震が発生し、石川県志賀町で最大震度3を観測しました。

一連の令和6年能登半島地震で、今日(10日)10時までに最大震度5弱以上の地震は16回観測されています。

少しの雨でも土砂災害に警戒

石川県能登地方を中心に活発な地震活動が続いています。1月1日に発生したマグニチュード7.6の地震により揺れの強かった地域では、家屋の倒壊や土砂災害などの危険性が高まっていますので、復旧活動などを行う場合には今後の地震活動や降雨・降雪の状況に十分注意し、やむを得ない事情が無い限り、危険な場所に立ち入らないなど身の安全を図るよう心がけてください。

1月1日に発生したマグニチュード7.6の地震と同程度の地震が発生する可能性は、地震発生当初に比べ低くなりましたが、地震活動は依然として活発な状態が継続しています。今後1か月程度、最大震度5強程度以上の地震に注意してください。なお、昨年12月までと比べて地震活動の範囲は広がっており、従来より広範囲で強い揺れを観測しています。海底で規模の大きな地震が発生した場合、津波に注意する必要があります。