結局、新NISAのつみたて設定ができるのはいつ?

 新NISAはいつからどのように申し込めるのか? 日付の告知がどこにもない。そこで、人気のSBI証券と楽天証券を中心に「開始日」を取材した。アエラ増刊「AERA Money 2023秋冬号」より。

【表】新NISA開始後の「つみたて設定」が最速いつか分かる表はこちら

 新NISAの金融機関は、主要ネット証券(SBI証券楽天証券、マネックス証券、auカブコム証券、松井証券)がおすすめだ。

 主要ネット証券の新NISAはいつからどのようにはじまるのだろうか。

 まず、今までNISAを利用していた人は同じ金融機関で自動的に新NISA口座が開かれる。手続きも不要だ。

 NISAを利用していない人が新NISAをはじめたい場合は?

「つみたてNISAか一般NISAの口座を開いていただくことで、10月2日に新NISAの口座も自動開設されます」(楽天証券)

 自動で開設されているが、「裏では開かれている」というイメージである(見た目は何も変わらないので)。

「現行NISAの申し込み最終日は12月21日。12月22日から新NISAのみの申し込みに切り替わります。

現行NISAは使わず新NISAからはじめたいなら、新NISAのつみたて設定などだけをしておけばOKです」(楽天証券)

 新NISAからはじめたい人は無理につみたてNISAなどを利用しなくてもいいということ。

 SBI証券、マネックス証券、auカブコム証券、松井証券も日付は微妙に異なるものの、同じ回答だった。ここでいったんまとめる。

 ●すでにNISAを利用していて、金融機関を変えないなら手続き不要で新NISA口座が開かれる

 ●これまでNISAを利用したことがない人が口座を開設する際、12月上旬〜中旬はつみたてNISAか一般NISAが入り口に。どちらかのNISA口座を開けば自動的に新NISA口座も開かれる

 ●「新NISA(だけ)の申し込みはこちら」となるのは、現行NISAの口座開設ができなくなったあと(12月中旬〜下旬)。現行NISA口座を開いても、2023年からの投資が必須ではない

 面倒なのは、現行のNISA口座を開設済みで、新NISAは別の金融機関ではじめたい人。新NISAのための金融機関変更手続きは10月から受け付け開始である。

本記事が丸ごと読める「AERA Money 2023秋冬号」はこちら

著者プロフィールを見る
大西洋平

大西洋平

出版社勤務などを経て1995年に独立し、フリーのジャーナリストとして「AERA」「週刊ダイヤモンド」、「プレジデント」、などの一般雑誌で執筆中。識者・著名人や上場企業トップのインタビューも多数手掛け、金融・経済からエレクトロニクス、メカトロニクス、IT、エンタメ、再生可能エネルギー、さらには介護まで、幅広い領域で取材活動を行っている。

大西洋平の記事一覧はこちら
著者プロフィールを見る
中島晶子

中島晶子

ニュース週刊誌「AERA」編集者。アエラ増刊「AERA Money」も担当。投資信託、株、外貨、住宅ローン、保険、税金などマネー関連記事を20年以上編集。NISA、iDeCoは制度開始当初から取材。月刊マネー誌編集部を経て現職

中島晶子の記事一覧はこちら
次のページ
新NISAの「つみたて設定」は何月何日スタート?