子どもとの時間をたくさん過ごす週末など、ついつい小言がエスカレートして感情的に「爆発」してしまった経験はありませんか。「いけない」と気がついていても、なかなか断ち切れないのが感情的な対応。今回はそんなときのフォローについてのお話です。

■親のイライラに潜む 子どもに対する「思い込み」

 最初は注意をうながそうと、ちょっとした小言のつもりだったのに、何度も同じことを言ううちに怒りが膨れ上がって感情的になる……。親なら誰でもそんな経験があるはず。もちろん、子どもが憎いために怒っているのではありません。

 なぜ、子どもを感情的に怒ってしまうのでしょうか。専門家によると、意外にも、怒りの本当の原因は親自身の心のなかにあるとか。仕事や家事で疲れていたり、子どものことで心配が重なったりすると、ふだんはなんでもない言動が、怒りへの引き金となってしまうのです。

 また、親自身が無意識のうちに持ってしまっている、子どもに対する「思い込み」も原因であると指摘しています。

 子どもは「こうあるべき」「こうするべき」といった決めつけだけではなく、「子どもをちゃんと叱らなくては」「その場で言ってきかせなくては」と、親としてのこうあるべき、という思い込みもあるのです。

<怒られたときの子どもの本音は?>

【親が感情的に怒ったりすることはある?】

・お兄ちゃんとけんかしたとき。しかも「あなたがもっと大人になりなさい!」って言われる。意味わかんない (小6女児)

・怒られたとき、「なんでだよ」って返すと、ブチ切れる (小5男児)

・お母さんたちって、いきなり怒り始めるよね。で、そういうキレてるときに謝っても許してくれないの (小6女児)

・宿題をやってて、疲れて少し休んでただけなのに、「ダラダラしないで早くやりなさい!」 (小6女児)

【親に感情的に怒られたときはどんな気持ち?】

・こっちの話を聞いてくれないので、一方的に怒られるのは、なんか違うと思う (小6女児)

・「あっそ」っていう気持ち (小4女児)

・嫌だなって思っても、5分後には、自分のほうが悪いんだなって思う (小4女児)

・お母さんサイテー、どっかいけ!って思う (小4女児)

・なんも思いません。フツーって感じ (小4男児)

【怒られた後、なんて言われる?どう思った?】

・「言い訳はやめなさい」と言われるのはいや。言い訳じゃなく、ただ話しているだけなのに (小6男児)

・「強く言い過ぎてごめんね」って言われたことがある。そのときはうれしかった (小6女児)

・こっちが謝っても「なんで怒られてるかわかってるの?」って言われる (小6女児)

・「ごめんなさいじゃすまないわよ」って言われて。そしたらいったいどうしたら許してくれるのって思う (小6女児)

次回コラムでは「怒ったときのフォロー8つのポイント」をお送りします。

AERA with Kids × ミサワホーム

その他にも住まいに関するコラムがたくさん!
homeclub.misawa.co.jp/column/