テイラー・スウィフトがメタルに合わせて激しくダンス、Apple新CMにて
テイラー・スウィフトがメタルに合わせて激しくダンス、Apple新CMにて

 Apple MusicのこれまでのCMのなかでドレイクの曲に陶酔したり、ジミー・イート・ワールドの曲で内なる感情を吐き出していたテイラー・スウィフトだが、今度の同新CMではイギリスのメタル・バンド、ザ・ダークネスを代表するヒット曲を取り上げている。

 スウィフトは“Friday Night Rocks”というプレイリストを再生すると、ザ・ダークネスの2003年の大ヒット曲「アイ・ビリーヴ・イン・ア・シング・コールド・ラヴ」にあわせて激しいダンスを繰り広げる。

 黒いジーンズと赤いチビTの上にブレザーを羽織ったスウィフトが「あぁ、私は家での夜が好きだわ」とジョークを飛ばすと、同曲の王道ロックギターとドラムとともに、ノリノリの度を超えた口パク・ショーがスタート。机の上に飛び乗り膝立ちで両手を広げ、激しくヘッドバンギングするなど、同ポップ・メタルの名曲に気を狂わせていくのだ。CMの最後には“Dance like no one's watching”とのメッセージが現れる。

 テイラー・スウィフトが出演し、全米で話題のApple Music CM。同最新版は現在、スウィフトのツイッター上で視聴できる。


◎テイラー・スウィフト・ツイッター:Dance like no one's watching
https://twitter.com/taylorswift13/status/730738639160795136