札幌では、今日(24日)から今回で25回目となる「花フェスタ」が開幕。先週は久しぶりに晴れの週末となり、日傘が活躍した道内ですが、この週末は雨傘の必要な地域が多くなりそうです。

今日(24日)昼前の大通り公園4丁目 撮影:気象協会北海道支社 杉山友衣可
今日(24日)昼前の大通り公園4丁目 撮影:気象協会北海道支社 杉山友衣可

花フェスタ

北海道の初夏を彩るイベントとして定着している「花フェスタ」。今日(24日)から7月2日まで、大通公園4丁目から8丁目にかけてと札幌駅前通地下広場、北1条イベントスペースで開催されます。趣向をこらした花壇や色とりどりの花を楽しむことができるほか、花きや関連グッズが販売される花市場、農業高校生によるガーデニングコンテスト、お子様向けのイベントを開催するキッズ花フェスタなど様々な催しがあります。

今日(24日)昼前の大通り公園4丁目 花壇 撮影:気象協会北海道支社 杉山友衣可
今日(24日)昼前の大通り公園4丁目 花壇 撮影:気象協会北海道支社 杉山友衣可

週末の天気

今日(24日)は、札幌中心部は霧や霧雨程度の見込みです。ただ、道北やオホーツク海側で雨が降りやすく、雷を伴って急に雨脚が強まることもありそうです。道央や道東でも午後を中心に雨の降る所がありますが、道南方面は天気の崩れはないでしょう。
明日(25日)の札幌は、夕方にかけて雨が降りやすいため、花フェスタなど外出には傘が必要となりそうです。また、その他の地域も、道北やオホーツク海側を中心に道内広い範囲で雨となるでしょう。なお、明日にかけて峠や沿岸を中心に霧がかかりやすくなります。濃い霧で見通しが悪くなる恐れもありますので、車の運転はライトを点灯し、車間距離を十分にとるなどご注意下さい。