冬型が緩むため、穏やかに晴れる所が多いでしょう。北陸から北の日本海側の雪や雨も昼頃には止み、強い風も収まる見込みです。年越しの準備の大掃除、買い出しなどの外出は、きょうがおすすめです。

30日の天気と気温の予想
30日の天気と気温の予想
この記事の写真をすべて見る

日本海側の雪や雨はやみ 北海道の寒さも和らぐ

きょうは冬型の気圧配置が緩みますので、穏やかに晴れる所が多い見込みです。
北海道から北陸にかけての日本海側の雪や雨も昼頃には止み、午後は晴れ間の出る所もあるでしょう。
強い風も収まってきます。
山形県や長野県などでは一気に積雪の増えた所もありますので、
車を運転される際は滑り止めをつけるなど、十分お気を付け下さい。
日本海側は明日は再び冬型になるため、雪や雨になります。
この後の穏やかな天気を活用し、買い出しや大掃除など、年越しの準備をしてしまいましょう。
また、北海道や東北北部の厳しい寒さは和らぎ、真冬日の所は少なくなりそうです。

晴れる地域は空気がカラカラ

一方、北海道や東北の太平洋側、関東から九州、沖縄は広く晴れる見込みです。
強い風も収まり、各地で穏やかです。
関東から九州の最高気温は10度前後まで上がるので、昼前後は日差しの温もりが感じられるでしょう。
ただ、夜は冷え込みが厳しいので、お出かけの際の防寒対策は万全にしてください。
なお、晴天続きの地域は、かなり空気が乾燥しています。
きのうの最少湿度、前橋・谷・甲府では20%以下まで下がりました。
きょうも空気がカラカラに乾燥しますので、お出かけの際は火の元はしっかりと確認しましょう。

暮らしとモノ班 for promotion
もうすぐ2024年パリ五輪開幕!応援は大画面で。BRAVIA、REGZA…Amzonテレビ売れ筋ランキング