KDDI/au/みんな自由だ篇
KDDI/au/みんな自由だ篇
この記事の写真をすべて見る
SoftBank/Y!mobile/親子deダンス篇
SoftBank/Y!mobile/親子deダンス篇

「第70回NHK紅白歌合戦で一番良かったと思う歌手」のアンケートで、氷川きよしが1位に選ばれたと発表された。毎分視聴率でも大トリの嵐に迫る勢いだったといい、注目度の高さがうかがえる。このほか昨年は、テレビ番組やSNSなどさまざまなシーンでこれまでの“演歌界のプリンス”のイメージにとらわれない激しいパフォーマンスや中性的なファッションでわれわれ視聴者を驚かせたが、本来の自分らしさを表現しようという姿勢には共感の声が寄せられているようだ。

【Mattが父・桑田真澄とダンスする写真はコチラ】

もちろん本人の長年に渡る実績があっての評価だろうが、「型にはまる必要はない」「もっと自由に生きたい」といった多様性や個性を尊重する風潮の現れでもあるだろう。この年始にオンエアされたCMにもこのような世の中の空気は映し出されており、なかでも積極的に広告を展開する通信事業各社のCMからも同様のメッセージが読み取れた。

■おなじみのシリーズの年始特別版はまさに自由奔放

 まずはKDDI『au』が元日から放送した年始特別CM。アメリカのスタンダードナンバー『The Entertainer』を注目のロックバンド Half time Oldがアレンジした曲に、クリエイティブディレクターの篠原誠氏による前向きで開放的な歌詞を乗せている。軽快な楽曲に合わせ、今年は「みんな自由だ。」をテーマにおなじみの「三太郎」メンバーが既成概念にとらわれず“自由”に過ごす様子を映した。スタートラインに一列に並び徒競走をするかと思いきや、桃太郎(松田翔太)以外はスピードも方向もまったくバラバラ。川には大小さまざまな桃がたくさん流れ、光る竹の中から親指姫が現れるなど、昔話の設定もお構いなしの奔放さ。

 最後は全員が「みんな、自由だ。」と書かれた旗の前で思い思いの方向を指さしてポーズを決めるというストーリーだ。何があっても人生は一度きりなのだから、自由に道を選ぼうと視聴者を勇気づけた。

■自分で選んだ道を進めのメッセージは好感度高め

『SoftBank』は昨年12月に新学割キャンペーン『SoftBank学割』のCMを開始した。岡田准一と賀来賢人が教師役を、ラグビー日本代表のリーチ マイケルが校長役を演じるもので、生徒たちが授業中に“早弁”をしたり、恋や部活に夢中になったりという学生ならではのシチュエーションをTHE HIGH-LOWSの『青春』に乗せてテンポよく描いた。それぞれのシーンに「食べ放題」「告白放題」「泣き放題」などとコピーがかかり、ラストは全員が校庭を疾走する映像に「青春放題。」の文字が映る。ルールや常識に縛られず、自分が夢中になれることに突き進む生徒たちそれぞれの青春を見守り、「ONE TEAM!」と力強く叫ぶリーチ マイケルの姿で結ぶ爽やかなCMだ。

暮らしとモノ班 for promotion
防犯・災害対策の準備はいかが?最大50%オフのAmazonの安全・セキュリティグッズ売れ筋ランキング
次のページ
桑田&Matt親子CMには好意的な感想が