「さようなら。」がおすすめに SNSで増幅する希死念慮とどう向き合うか

2023/01/20 11:30

 SNSは同じ趣味を持つ人とつながれるメリットがある一方、似たような人と接することで特定の価値観に引っ張られてしまう恐れもある。AERA 2023年1月23日号の記事から。

あわせて読みたい

  • SNSでの居場所のために「自殺願望」持ち続けることも 時には距離をとる重要性

    SNSでの居場所のために「自殺願望」持ち続けることも 時には距離をとる重要性

    AERA

    1/21

    「一人で死ね」は自分に返る「『死刑になりたくて…』」著者が感じた希死念慮の行方

    「一人で死ね」は自分に返る「『死刑になりたくて…』」著者が感じた希死念慮の行方

    AERA

    8/24

  • 竹内結子さんの死と「母性」の重み 過去には女性アナウンサーの相次ぐ自殺も

    竹内結子さんの死と「母性」の重み 過去には女性アナウンサーの相次ぐ自殺も

    dot.

    10/7

    絵本だけど…テーマは「自殺願望や希死念慮からの救済」

    絵本だけど…テーマは「自殺願望や希死念慮からの救済」

    週刊朝日

    11/17

  • 小島慶子「メンタル不調に陥りやすい時期に“生きてみよう”を伝える重要性」
    筆者の顔写真

    小島慶子

    小島慶子「メンタル不調に陥りやすい時期に“生きてみよう”を伝える重要性」

    AERA

    9/2

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す