適切なサポートによって発達障害の特性は組織にプラスになる 環境を用意しないのは「社会的な損失」と精神科医

2022/12/19 08:00

 イーロン・マスク、スティーブ・ジョブズ、ビル・ゲイツ──。発達障害の特性を生かし、新たなビジネスを生み出し活躍している人もいる。では、企業が発達障害のある人の能力を活用するためにはどんな視点が必要なのか。『発達障害という才能』の著者で、大人の発達障害を世に知らしめた昭和大学附属烏山病院長の岩波明氏に聞いた。2022年12月19日号の記事を紹介する。

あわせて読みたい

  • 発達障害の特性、ビジネスでどう生きる? 「過剰集中」や天空から俯瞰する「神の視点」も

    発達障害の特性、ビジネスでどう生きる? 「過剰集中」や天空から俯瞰する「神の視点」も

    AERA

    12/18

    ADHDと診断された営業マンが明かす当事者のリアルとは?

    ADHDと診断された営業マンが明かす当事者のリアルとは?

    BOOKSTAND

    8/20

  • 採用面接ではわからない発達障害 高学歴な人も多数

    採用面接ではわからない発達障害 高学歴な人も多数

    AERA

    9/28

    医師から見た「発達障害」のリアル 7割超が「診断基準の精度」、5割が「過剰診断」を懸念 

    医師から見た「発達障害」のリアル 7割超が「診断基準の精度」、5割が「過剰診断」を懸念 

    AERA

    6/24

  • 「発達障害」と「依存症」の密接な関係…専門医が解説

    「発達障害」と「依存症」の密接な関係…専門医が解説

    週刊朝日

    11/14

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す