発達障害のある人の働きやすい環境づくりどうすれば? マニュアル的対応には限界「配慮できる人材育成を」

2022/12/16 11:30

 発達障害を持ちながら働く人にとって、職場における障害への理解が欠かせない。だが、発達障害は特性に応じて、求められる配慮が異なるため、そのあり方に当事者も企業も課題を抱えている。どのような環境や仕組みを作っていけばいいのか。2022年12月19日号の記事を紹介する。

あわせて読みたい

  • 職場で発達障害が理解されない30代女性の苦悩 特性への配慮を相談も上司「弱音を吐くな」

    職場で発達障害が理解されない30代女性の苦悩 特性への配慮を相談も上司「弱音を吐くな」

    AERA

    12/15

    医師から見た「発達障害」のリアル 7割超が「診断基準の精度」、5割が「過剰診断」を懸念 

    医師から見た「発達障害」のリアル 7割超が「診断基準の精度」、5割が「過剰診断」を懸念 

    AERA

    6/24

  • 大学のキャリア支援課は「敷居が高く利用できなかった」 発達障害20代男性の就職への壁

    大学のキャリア支援課は「敷居が高く利用できなかった」 発達障害20代男性の就職への壁

    AERA

    12/19

    大人の発達障害、困りごとは「自己理解」と「工夫」で改善できる 専用プログラムの内容とは

    大人の発達障害、困りごとは「自己理解」と「工夫」で改善できる 専用プログラムの内容とは

    AERA

    5/22

  • 発達障害の特性、ビジネスでどう生きる? 「過剰集中」や天空から俯瞰する「神の視点」も

    発達障害の特性、ビジネスでどう生きる? 「過剰集中」や天空から俯瞰する「神の視点」も

    AERA

    12/18

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す