職場で発達障害が理解されない30代女性の苦悩 特性への配慮を相談も上司「弱音を吐くな」

2022/12/15 08:00

 発達障害の人にとって、自らの特性を職場で理解してもらうことが働きやすさにつながる。だが、発達障害は外見ではわからないため、配慮を望んでも理解されにくいケースも少なくない。2022年12月19日号の記事を紹介する。

あわせて読みたい

  • 発達障害のある人の働きやすい環境づくりどうすれば? マニュアル的対応には限界「配慮できる人材育成を」

    発達障害のある人の働きやすい環境づくりどうすれば? マニュアル的対応には限界「配慮できる人材育成を」

    AERA

    12/16

    大学のキャリア支援課は「敷居が高く利用できなかった」 発達障害20代男性の就職への壁

    大学のキャリア支援課は「敷居が高く利用できなかった」 発達障害20代男性の就職への壁

    AERA

    12/19

  • 発達障害学生の就職率は学生全体と比較して半数程度 支援乏しく苦労、ロールモデルも少ない実情

    発達障害学生の就職率は学生全体と比較して半数程度 支援乏しく苦労、ロールモデルも少ない実情

    AERA

    12/18

    5年で3倍…増える発達障害学生 就活で直面する厳しい現実

    5年で3倍…増える発達障害学生 就活で直面する厳しい現実

    AERA

    4/12

  • 医師から見た「発達障害」のリアル 7割超が「診断基準の精度」、5割が「過剰診断」を懸念 

    医師から見た「発達障害」のリアル 7割超が「診断基準の精度」、5割が「過剰診断」を懸念 

    AERA

    6/24

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す