性被害から7年、書くことで生き直す力を得た 伊藤詩織さんが著書『裸で泳ぐ』で言語化した思い

2022/12/04 11:00

 AERAで連載中の「この人この本」では、いま読んでおくべき一冊を取り上げ、そこに込めた思いや舞台裏を著者にインタビュー。

あわせて読みたい

  • 「性被害者は笑わない」発言は全性被害者への侮辱だ

    「性被害者は笑わない」発言は全性被害者への侮辱だ

    AERA

    1/7

    「どんな時もそばにいてくれる友だちがいたから、がんばれました」 伊藤詩織さん、性被害認定の判決判断で会見

    「どんな時もそばにいてくれる友だちがいたから、がんばれました」 伊藤詩織さん、性被害認定の判決判断で会見

    AERA

    7/20

  • 伊藤詩織さんが同じ性被害者に伝えたこと 「一番重要なのは、生き延びること」

    伊藤詩織さんが同じ性被害者に伝えたこと 「一番重要なのは、生き延びること」

    AERA

    12/19

    伊藤詩織さん民事訴訟で「勝訴」、刑事で「不起訴」はなぜ? 立証のハードル

    伊藤詩織さん民事訴訟で「勝訴」、刑事で「不起訴」はなぜ? 立証のハードル

    AERA

    12/24

  • 伊藤詩織さん勝訴 母は「想像してほしい。わが子に性被害が降りかかったことを」

    伊藤詩織さん勝訴 母は「想像してほしい。わが子に性被害が降りかかったことを」

    AERA

    12/18

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す