ストーカー被害受けた女性議員 議員の連絡先住所公開は「大きなリスクだ」と警鐘

2022/11/24 11:30

 多くの地方議会が議員の連絡先住所を公開している。自宅を公にするケースも多いが、付きまといの被害にあった議員もいる。公開は本当に必要なのか。AERA 2022年11月28日号の記事を紹介する。

あわせて読みたい

  • 議員のプライベートはどこまで公開すべき? 「住所公開を懸念して立候補ためらう」という声も

    議員のプライベートはどこまで公開すべき? 「住所公開を懸念して立候補ためらう」という声も

    AERA

    11/25

    これは都議会のいじめか、嫌がらせ? 1人会派は顔写真なし

    これは都議会のいじめか、嫌がらせ? 1人会派は顔写真なし

    AERA

    1/17

  • 女性議員を追い詰める「票ハラ」被害が深刻化 その背景は?

    女性議員を追い詰める「票ハラ」被害が深刻化 その背景は?

    AERA

    2/6

    問題続出で東京五輪、都議会で存在消す小池百合子知事 自民党も菅首相推しの女性都議に疑惑

    問題続出で東京五輪、都議会で存在消す小池百合子知事 自民党も菅首相推しの女性都議に疑惑

    dot.

    7/27

  • マイボトル禁止でペットボトルOKの成田市議会に批判噴出 懇談会ではコンパニオン派遣も

    マイボトル禁止でペットボトルOKの成田市議会に批判噴出 懇談会ではコンパニオン派遣も

    dot.

    9/30

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す