「休日はスカート?」“言葉のセクハラ”に理解進まず 私生活の介入や人と比較した発言に要注意

2022/11/20 08:00

 職場のセクハラはいまだに根強く残っている。体を触るようなセクハラとともに、業務の中に潜む「言葉のセクハラ」も問題視されている。セクハラを防止するために意識するべきポイントとは。AERA 2022年11月21日号の記事を紹介する。

あわせて読みたい

  • もはや社内だけじゃない「取引先」のセクハラにも注意

    もはや社内だけじゃない「取引先」のセクハラにも注意

    AERA

    4/30

    「職場いじめ」が止まらない パワハラ防止法で変わるのか

    「職場いじめ」が止まらない パワハラ防止法で変わるのか

    週刊朝日

    11/29

  • ワクチンパスポート導入で「何もできなくなる」 打てない人へワクハラ、どう対処する?

    ワクチンパスポート導入で「何もできなくなる」 打てない人へワクハラ、どう対処する?

    AERA

    9/26

    96%が複数回経験、セクハラに対する意識の低いメディア業界

    96%が複数回経験、セクハラに対する意識の低いメディア業界

    AERA

    6/7

  • パワハラを巡り加害者、被害者の認識が食い違う北大 「職場環境の改善が先」と専門家

    パワハラを巡り加害者、被害者の認識が食い違う北大 「職場環境の改善が先」と専門家

    週刊朝日

    7/8

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す