鈴木拡樹「字を書くシーンでも生い立ちを考える」 バックボーンを大切にする理由

2022/10/18 11:30

 今年11月に公開の人気シリーズ最新映画「死神遣いの事件帖」で主演を務める鈴木拡樹さんがAERAに登場。「字を書くシーンでも、生い立ちを考えたりする」など、映画や舞台に込めた思いを語った。AERA 2022年10月24日号から。

あわせて読みたい

  • 鈴木拡樹、「激しさ、美しさ、ギリギリ感」を追及する理由

    鈴木拡樹、「激しさ、美しさ、ギリギリ感」を追及する理由

    AERA

    10/24

    俳優・鈴木拡樹が感じた「刀剣乱舞」映画版と舞台版の違いとは?

    俳優・鈴木拡樹が感じた「刀剣乱舞」映画版と舞台版の違いとは?

    AERA

    2/6

  • 人気企業101社が採用したい大学はどこだ? 巻頭特集「大学の就職力に異変あり」/表紙は俳優・鈴木拡樹/AERA10月17日発売

    人気企業101社が採用したい大学はどこだ? 巻頭特集「大学の就職力に異変あり」/表紙は俳優・鈴木拡樹/AERA10月17日発売

    10/14

    「刀剣乱舞」で人気急上昇中の鈴木拡樹さんがAERAの表紙に登場!

    「刀剣乱舞」で人気急上昇中の鈴木拡樹さんがAERAの表紙に登場!

    2/1

  • 鈴木拡樹、映画版「刀剣乱舞」は「とてもよくできた歴史ミステリー」

    鈴木拡樹、映画版「刀剣乱舞」は「とてもよくできた歴史ミステリー」

    AERA

    2/5

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す