「しつけが悪い」で追い込まないで 発達障害のある子を早期支援へつなぐ課題とは

2022/10/03 08:00

 今年7月、福岡で発達障害のある中学生を殴るなどして、施設の理事長らが逮捕された。背景には、養育ストレスを抱えた親への支援の脆弱さがある。誰もが生きやすい社会にするにはどうすればいいのか。AERA 2022年10月3日号の記事を紹介する。

あわせて読みたい

  • ICT×発達障害の療育の最前線 「ぺあすく」の成果は見える化、事実を把握する動画アプリも 

    ICT×発達障害の療育の最前線 「ぺあすく」の成果は見える化、事実を把握する動画アプリも 

    AERA

    5/21

    発達障害の療育に「本当に意味があるの?」の葛藤 家庭療育「ペアトレ」の可能性とは

    発達障害の療育に「本当に意味があるの?」の葛藤 家庭療育「ペアトレ」の可能性とは

    AERA

    5/21

  • 中学生監禁事件の背景に「脆弱な支援」と「親心」 発達障害の子を持つ親の養育ストレス

    中学生監禁事件の背景に「脆弱な支援」と「親心」 発達障害の子を持つ親の養育ストレス

    AERA

    10/2

    発達障害のある子が「こんなに言葉が出るようになるなんて」 エビデンスのある療育“ABA”とは

    発達障害のある子が「こんなに言葉が出るようになるなんて」 エビデンスのある療育“ABA”とは

    AERA

    5/20

  • 発達障害の子が自立と就労の壁を乗り越える

    発達障害の子が自立と就労の壁を乗り越える

    AERA

    6/2

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す